初孫対面ツアーを終えて夫婦で出した結論

今日で夫の十日間の休暇も終わる

昨晩は今年の休暇の思い出に

「最終日は近場の保養地に出かけて、美味しいピザでも食べてこよう」と話していたが、

朝起きて見ると天気はイマイチ

初孫ツアーでは随分散財してしまい、食費の予算もギリギリなので行くのは止め、

おうちでピザを作って食べよう、ということになった

初孫ツアーでは到着した夜、

息子のお嫁さんのご両親に料亭でコース料理をご馳走になった

あちらの気持ちを考えると残しては申し訳ないと無理して食べたら、

お腹が苦しくて具合が悪くなりそうに、、、、

翌日にはまた長距離移動しなければならなかったので、

ああいう場合は事情を話して残すべきだった

そんなわけで、もうしばらくは外食は結構、、、というキブン

こちらも接待をする時、どうもてなすのが良いのか本当に悩む

さて、今朝夫と息子宅を訪問した時の話しになった

初孫対面ツアーから戻って三日目にしてやっと振り返る気持ちになったのだから、

二人共相当疲れたのだと思う

今回の旅は息子が着いた当日深夜まで留守なので、

その日は孫とお嫁さん、その両親と会い、翌日息子の顔を見て帰るという計画だった

初日、息子の住む地に着いたので、まずお嫁さんに到着を知らせた

昼食後、息子に言われた通りタクシーで息子のアパートの近くにある某所に向かった

途中タクシーの中で約束どおりお嫁さんにLINEでその旨伝えた

某所に着いたが誰もいないので今度は電話をした

すると、数分後お嫁さんが歩いて迎えにきた

案内された息子の住むアパートは私たちが立っていた場所の真ん前だった

そんな近くに住んでいるなら到着時間も推定できるわけだし、

お嫁さんの両親も先に着いて孫と一緒にいるので、

お嫁さんが先に某所に来て、

我らを出迎えてくれても良かったのでは、、、と私はちらりと思った

はるばる来た土地で、

ひと気のない場所に立ち、重い荷物を持って迎えのものを待つ心細さと言ったら、、、

やはり夫もそれは感じたようである

些細なことだが、何か歓迎されていないと感じてしまう、、、

いやいや、しかしそんなふうに受け取ってはいけない

お嫁さんは出産と育児で疲れていたからだ、、、、と夫と私は語り合った

翌朝、駅近くの宿からそろそろ息子のアパートに出かけようと身支度をしている時、

息子から夫にLINEがきた

それには「今日、来るんだったっけ?」とあった

それを見て夫は「あいつ、何を言ってるんだ」と呆れたようにつぶやいた

息子とは帰る当日朝の一時間半ほどしか会う時間がないことは、

事前に知らせていた

当初息子は「大丈夫、僕は朝早いのには慣れているからホテルまで車で迎えに行くよ」

と言っていた

それが、である

それで私たちは息子に迎えを頼まずタクシーで向かうことにした

帰りは息子が最寄り駅まで送ってくれるだろう、その時まで話しができる、、、と、

考えていたが実際は息子が時計を見て「タクシーを呼ぶね」とさっさと電話をかけ、

私たちは息子一家に別れを告げた

タクシーの中で複雑な気持ちになったのは確かである

親は子を慕うが、子は日常の喧騒の中、のほほんと現れた離れて暮らす親が煩わしい

そんな印象を受けた

まるで小津安二郎監督の「東京物語」そのままである

空港に向かう新幹線の中でも私たちは寡黙であった

夫も親子の気持ちのギャップを思っていたのだろう

今回私たちが訪問したタイミングは息子にとって最悪だったかもしれない

私たちが訪問した週は、息子は息子の家から遠く離れた地で早朝から深夜まで、

特別な訓練を受けて深夜帰宅した翌朝だったから

嫁も顔色が悪かったので、出産の疲れが取れないのだろう

息子夫婦にも事情があるのだ

これが現実、誰が悪いわけではない

夫と「息子の結婚式に彼の地に行ったら、それ以後は息子らに会いに出かけることはないだろう」

と話し合った

もちろん私たちは息子一家が我が家を訪問することは歓迎する

でも、それもあまり期待しないことにしよう

今回の初孫対面ツアーで私たちははっきりとお互い別の世界で生きていることを悟った

やはりこれからの人生は、息子に期待することでもなく、孫中心でもなく、

私たち夫婦ふたりの生活に向き合うということだ

お互いに穏やかな気持で助け合い残された人生をそれなりに楽しむ

それが私と夫が出した結論

さあ、次は結婚式だが、これも粛々と進めよう

結婚式は子育て最後の締めくくり

フィナーレに向けて後悔しないようにしっかり気持ちを落ち着けて、、、

今日の聖書通読箇所
ヨハネの手紙第二  
今年から新約聖書を最初から一日一章読んでいます



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村

初孫対面ツアーを終えて夫婦で出した結論” に対して16件のコメントがあります。

  1. はんぺん より:

    なんて気のきかないお嫁さんなのでしょう。
    ご両親が来ているのなら迎えに出るべきです!
    本人が出られないなら、ご両親が出ていてもいいと思いますしね。
    ご両親も気がきかない感じかな?
    ご飯の支度をするわけじゃあるまいし、息子さんが忙しくて大変なのは想像できますが、もう少し気遣いがほしかったですよね。
    私は子供たちの結婚がまだ先のようですが、こんな思いをするのかと思うとぞっとしますよ。
    お疲れ様でした。
    ゆっくり休んでくださいね。

    1. お雪 より:

      はんぺんさま
      ブログを投稿してからお嫁さんの立場になって考えてみました
      今回、とても顔色が悪かったので、
      きっと体調が悪かったのだと思います
      もしかしたら、授乳タイムと重なってしまったのかもしれません
      嫁の両親はさっぱりとした感じの方々なので、
      悪い印象はなかったです
      はんぺんさんは色々と気遣いできる方と思いますので、
      お子様も他のかたたちに気遣いできると思います
      どうかご心配なさらずに、、、
      コメントありがとうございました

  2. やよい より:

    初めまして。 いつも色々自分の立場と重ね合せて読ませていただいています。息子さんやお孫さんに対するお気持ちの持ち方、とても賢明ですね! 振り返れば自分自身も結婚してからは、自分たちの新しい生活が第一で親は二の次、三の次でしたから。子ども家族とはつかず離れず。私たち親が健康で幸せに生活しているのが一番の子孝行ですね。

    1. お雪 より:

      やよいさま
      はじめまして
      私のブログをそのように読んでくださり、とても嬉しいです
      私自身自分の書いたブログを読んで、
      客観的に事象を分析しています
      振り返ると私も結婚当初若かったこともあり、
      夫の両親に対してどのように振る舞ったら良いのか戸惑いがありました
      ましてや慣れない育児をしているのですから、
      もう自分のことでいっぱいいっぱいなのだと思います
      どんな人に対しても互いの立場を思いやることを忘れず
      互いに依存しないで、尊重しあう関係を築きたいです
      コメントありがとうございました

  3. ちぼ より:

    私は嫁の立場です。実母に頼りっぱなしで子育てをやって来ました。記事を読んで義父母に配慮がなかったなーと反省しました。私は息子二人なので、やがて息子たちはお嫁さんとお嫁さんのお母さんに「取られる」のかな?でも因果応報ですかね(笑)
    我が家は義父母が遠方から毎月2泊3日で孫に会いに来ていました。我が家に泊まりだったので毎月イライラしながらひどい態度で対応していました。夫は何も言わなかったけど、悲しかったと思います。現在は子ども達も大きくなり、義父母も高齢で来れなくなりましたが。私もいっぱいいっぱいだったし、大人になりきれていなかったことを今になって反省です。すみません、長々と。記事を読んでて自分のことを思い出してしまいました。
    いつも楽しみに読んでます(^_^)

    1. お雪 より:

      ちぼさま
      はじめまして
      お嫁さんの立場からのちぼさまのコメント嬉しく拝見致しました
      ちぼさまの義父母さまもとてもお孫さんが可愛かったのですね
      私ももう少し近かったら会いに行くかもしれませんが、
      経済的にも毎月行くことはかないません
      ちぼさまの今のお気持ちをいつか義父母さまに伝える機会があるといいですね
      きっと笑って許してくださると思いますよ(^^)
      私もこの年になって亡き義父母に申し訳なかったと思うことが多々あります
      息子夫婦と接していると、そんなことの数々が思い起こされ、
      反省することしきりです
      コメントありがとうございました

  4. kaorin より:

    こんばんは♪
    長旅お疲れ様でした。
    ブログを拝見しながら私もいろんなことを思いました。
    以前は主人の実家近くに住んでいたので孫見たさにしょっしゅう義母がきていたな、と。
    今から20年以上前でしたし、可愛がってくれてありがたい、といつも歓迎していました(笑)
    今は時代の変化で価値観も随分と変わり親子のあり方も、お嫁さんとの距離感などさまざまですね。

    お嫁さんもお雪さんが仰るとおり、産後の疲れがまだとれていないのかもしれませんね。

    お互いを思い合っていける関係、いいですね♡

    娘はまだ結婚しないようですが、私もお雪さん同様べったりな距離感は嫌だな、と考えています。
    夫婦で仲良く歳を重ねましょう(〃ω〃)

    1. お雪 より:

      kaorinさま
      そうでしたか〜
      私は義父母が遠くに住んでいたので、
      年に一回私たちが里帰りする時しか孫と接することがなかったので、
      もっと孫と会いたかっただろうな、、、と今になって申し訳なく思います

      おっしゃるとおり、今は私たちが子育てしていた時代とは違いますよね
      友人の話しを聞くと、娘さんとは親しくしても、
      お嫁さんにはとても気を使っている母親が多いと感じます
      今回行ってわかったのですが、
      お嫁さんは出産時出血が多かったようなので、
      きっとまだ体調が戻っていなかったのでは、、と考えています
      育児にも不安を覚えていたようでしたし、
      近くにお母さんがいて本当に良かったと思います
      kaorinさんの娘さんはとても自立心が旺盛なようなので、
      きっと程よい距離感で過ごせるのではないでしょうか
      これから楽しみですね♡
      コメントありがとうございました

  5. ひまわり より:

    はじめまして。ブログ読ませて頂き、自分と重なるところが多く、でも私は・・お雪さまほど人間ができていないので 結婚前提にお付き合いしている彼女がいる息子のこれからの事をいろいろ想像して一人で悶々としてしまいます。
    孫は可愛くても嫁の子ども、このお言葉なんとなく分かります。
    孫は可愛いと聞きますが、私はきっと自分が生んだ息子の方がずっと可愛くてそれ以上に孫が可愛いと思うことはないと思います。
    それでも孫を お嫁さんのお母さん(たとえ、どんな良い人でも)がベッタリ世話して母娘でたくさんの時間を孫と過ごす、って事は、きっと嫌だと思います。自分勝手ですが。
    私の息子も医師です。医師同士の結婚であれば、どれほどお互い激務であるか想像できるので女医のお母様に頼るのも仕方ないと思える、と思うのですが・・・
    子が医師になるって もちろん本人の努力が一番重要ですが、親もそれなりに一緒に頑張ってきたと思うところがあって それをそれまでの苦労も知らないお嫁さんの両親が息子や孫にいつでも会えるって・・・心が狭い私は、なんだかなぁと思ってしまいます。
    人間できていないので変なコメントでスミマセン。

    1. お雪 より:

      ひまわりさま
      ひまわりさまの息子さんも医師なのですね(^^)
      今回行って感じましたが、医師の生活は激務で、妻は大変だと思いました
      息子は今回結婚するにあたり、
      仕事のハードさを理解してくれる妻を、、と思って決めたようです
      それを聞いて、今回行ってみて側にお嫁さんの両親がいてくれて良かったと思いました
      孫は小さくで可愛いですが、やはり自分が育てた息子とは違います
      私も息子が最初の結婚をした時は、悶々としていましたが、
      その後色々と鍛えられました(^_^;)
      子どもが自立するまで、一生懸命育ててきたので、
      しばらくは苦しかったです
      息子が家を出て八年経った今でも、まだこんな状態ですが、
      それだけ息子に心血注いで関わってきたんだな、、と思います
      いろんなことを受け入れるまで時間が必要なんですね、、、
      ですから、ひまわりさまのお気持ちもよくわかります
      コメントありがとうございました

  6. つつじ より:

    お雪さま

    こんばんは。 二度目のコメントです。
    初孫ちゃん初対面ツアー、お疲れさまでした。
    準備から手配、そして出費、大変な労力を要されての帰宅でしたね。
    振り返るとなんだか想像していたものと違う違和感のようなものを感じられたのですね。
    私は結婚が遅かったので、嫁の立場でしか考えることができませんでしたが、お雪さんのブログを拝見して義母の気持ちを現実的に慮ることが出来ました。(息子は中3です)
    私に初孫ができたら…、お嫁さんとそのご両親との接し方など、少し複雑な気持ちになりました。
    お雪さんほど気配りができて、お優しい方がそのような配慮にかける待遇を受けてしまわれるなんて、なんだか納得がいかないですね。
    割り切れないですが、お雪さんのおっしゃる通り、お嫁さんはきっと具合が悪かったのかもしれませんね。そのご両親も「出迎える」という想像力に欠ける方(悪気はなく)で、言われたらする、というシンプルな考え方の方なのかもしれませんね。

    もしかしたら、息子さんのご両親がはるばる会いに来てくれる、という気持ちより、「とても孫に会いたがっていらっしゃる」という解釈の方が勝っていて、多少の無理は承知してくれている、と思いこんでいらっしゃったのかもしれませんね。

    息子さん激務とのこと、お体だけは壊さないように願うばかりです。

    長くなりまして、失礼致しました。
    ブログの更新楽しみにしております。

    1. お雪 より:

      つつじさま
      息子さんは中学3年なのですね
      これから受験、進学と将来に向かって具体的に成長していかれますね
      息子はいつしか離れていく、、、ということを意識して接していたら、
      きっとその日が来ても受け入れられると思います
      これからの子育ての参考に読んでくだされば嬉しいです

      温かいコメントをありがとうございます

  7. hana より:

    はじめまして、初めて書き込みいたします。

    私もお雪さんと同じく 長男(医師)が遠く離れた地で結婚し、昨年初孫ができた母です。  お雪さんの記事を読んで 私がいつも感じてることと同じことを感じていらっしゃるので ついついコメントしたくなりました ^^;

    我が家の場合は 息子ばかりが3人、その上、みんな大学から県外に出ておりますので 多分どの子も長男と同じような道をたどるのではないかともう諦めております。
    その上、来春 長男一家はお嫁ちゃんの実家近くへ引っ越します。
    ですので これで長男一家とは今後疎遠になる事 間違いなし!です (笑)

    「孫は可愛い」とよく聞きますが、私もお雪さんと同じで やっぱり孫よりも自身の息子の方が可愛いです(← 可愛いという年齢はとうに過ぎておりますが。。。 笑)
    これが、娘の産んだ孫なら また違うのかもしれませんが、悲しいかな 私には娘はおりませんので その当たりのことは全く分かりません。
    お雪さんは 息子さん一家が帰省してくれるのはいつでもOK!とのことですが、私は 帰省するのも息子だけで十分! その方が気楽でいいです(← あまりにも正直に書きすぎでしょうか。。。苦笑)
    結婚した相手も息子が選んだ人、住むところも息子が決めたこと!

    私もお雪さんご夫婦と一緒で これから先の人生は自分たちの楽しみを優先させようと思ってます。 「旦那は元気で留守がいい!」と昔 流行った防虫剤のCMの言葉ですが、「義両親は元気で遠くがいい!」というのが嫁の気持ちでしょうか。。。。 (笑)

    最後に・・・・・・うまくいえませんが、
    お雪さんが一生懸命愛情を注いで育てていらっしゃった息子さんの存在、そのものがお雪さんの生きてきた証! 立派な息子さんに育たれていらっしゃるんですもの、それだけで十分ではないでしょうか。。。
    私は 息子たちの存在をそう思っていますので、地球のどこに住んでいても元気に生きてくれさえすれば幸せだと思うようにしてます ^^

    1. お雪 より:

      hanaさま
      はじめまして
      息子さまが三人おられるのですね
      私の姉のところでは長男は離れましたが、末っ子が結婚して親元に残りました
      まだまだ希望を捨てないで、、、、(^^)
      娘と息子がいる私の友人たちの話しを聞くと、
      やはり嫁が生んだ孫より娘が生んだ孫のほうが身近に感じると言っていました
      それを聞いても私も娘がいないのでどうしようもありません(´・ω・`)
      hanaさま、お互いに与えられた環境の中で幸せを見つけていきましょう (^^)(^^)

      温かい励ましをありがとうございました

  8. おひさま より:

    はじめまして 数日前からお邪魔しております。
    私の現状と重なるところ お雪さんの考え方にうなずけるところが
    多い事で何度も読み返しております。
    お孫さん誕生おめでとうございます。
    息子も昨年二度目の結婚をしました。
    今回は、二人が仲良くしてくれているので私は幸せです。
    (私も前回の事で大人になったのですね)

    主人と息子夫婦は仲が良さそうだし自立して生活している。
    私達も元気で長生きしようと話しました。
    お嫁さんのご両親には娘さんを育ててくださって有難うございますの気持ちです。

    1. お雪 より:

      おひさまさま
      はじめまして
      ようこそ「夕ごと日記Ⅱ」へ
      息子さまの再婚おめでとうございます
      ほんとに若い二人が幸せに暮らすことが親の願いですね

      今の時代息子夫婦が経済的に自立して生活しているということは幸いなことですね
      私たち夫婦も息子夫婦に心配をかけないよう仲良く暮らしたいと思います(^_^;)
      私たちが離れていることもあって、向こうのご両親にはお世話になりっぱなしです
      ご両親とも孫を介してますます親しくなれるのでは、、と楽しみにしています
      温かいコメントをありがとうございました
      お互いに健康に気をつけて長生きしましょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です