結婚式後初めてきたメールで

昨日の夕ごはん

茄子の肉巻き、豆苗、
おでん、
金時豆の煮豆、
六穀米入りご飯


寒くなったので久しぶりにおでんを作った

お嫁さんからのメールに、、、

一昨日の夜、夫が息子に電話をして私も結婚式以来初めて息子の声を聞いた

そして、昨夜お嫁さんからLINE

そこには、結婚式後乳腺炎になって体調を崩し、

やるべきことがストップしてしまったことを詫び、

先日、実家に帰ってやっと気分転換できたことなどが書かれ、

これからは息子や孫のためにしっかり生活していこうと思うと記されていた

こちらからメールを出しても返信がないので、

なにかあったのかと案じていた

文面には乳腺炎のことしか書いてなかったけれど、

軽い鬱症状なのではないかとも思った

私も息子一家の様子がわからず、

お祝い返しのことで催促したことを詫びた

そして、お嫁さんからのメールに、これから「頑張る」とか「しっかり」という言葉があったので、

「まずはゆっくり休んで、肩の力を抜いてリラックスして生活してください」と返信

「お嫁さんや孫や息子の幸せを遠くから祈っている」と結んだ

お嫁さんの両親から「娘は健康には自信がある」と聞いていた

孫も丸々と太り健康そのものだった

しかし、夏に送ったお祝いの返しが出来ていない時点で、

健康上の問題が発生していたのかもしれない

ともかく、電話をしたことでこのような事態になっていることを知るきっかけになったので、

思い切って電話して良かったと思う

今回の失敗から、

これからはどうしても済ませねばならない用が出来た時「〇〇してください」ではなく、

「なにかこちらでできることはないか?」という問いかけをすることにする

今週、息子は休暇を何日か頂いて近場の温泉に行く予定

親子3人でゆっくりできれば、、、、と願う

私はお嫁さんのお母さんが側についているので大丈夫と思っていたが、

娘であるお嫁さんとは私が想像していた関係ではなかったということを今回感じた

「さずかり婚」は普通の結婚と違い、出産、育児と結婚の準備が同時に進行するので、

お嫁さんの負担は想像以上なのだろう

そして、結婚式ではおとぎの国のような演出もあり、華やかで美しい世界に身を置くが、

式が終わり自宅に戻るなり現実に引き戻され、即、乳児の世話が待っている

そのギャップもお嫁さんが落ち込む原因になったのではないだろうか、、、

子供がいなかったら、

海外に新婚旅行に出かけ、夢の続きを経験できたのかもしれないのだから

ともかく、今、過ぎたことを言っても意味がない

まずは身体を大事にしてこの試練を乗り切ってほしい

遠くに住む私があれこれ気をもんでもお嫁さんにはストレスだろう

夫と話し合って、

これからはなにか心配な時は今回のように夫から息子に電話をしてもらうことにした

今は息子がお嫁さんのために何をすべきか考える時なのだろう

私たちは助けを求められるまで静かに見守る

私も姑として、そして孫の祖母として新米

今回、お嫁さんも私も互いに謝ることができたことが救い

私達の関係は始まったばかり

失敗を乗り越えながら、時間をかけて互いの関係を作っていきたいと願う

今はお嫁さんの体調が少しでも改善されることを祈るばかりだ


今日も読んでくださりありがとうございました

ランキングに参加しています

こちらでポチポチ応援してくださると更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です