素直に喜べない自分に戸惑った

昨日の夕ごはん

肉じゃが、かぼちゃ・ほうれん草・トマトのサラダ、

人参きんぴら、青梗菜と揚げの味噌汁、牛乳寒天(ラズベリーソース)九穀米入りご飯

よくねたいもで肉じゃが、

いもは美味しかったが、煮ている時灰汁を丁寧に取らなかったせいか、

味はいまいちだった

残念

遅れて来た母の日の贈り物

午前中、宅配で大きな荷物が届いた

開けてみるとそれは豪華な胡蝶蘭

息子夫婦から母の日のプレゼントが届くと連絡が来ていたが、

こんなに立派な胡蝶蘭が届いたことに驚いた

息子夫婦にすぐに感謝のメールを出した

息子とお嫁さんからは「遅れてすみません」と侘びが綴られていた

こんな立派な母の日の贈り物を受け取ったのは生まれて初めてである

他人さまからもこれほど立派な胡蝶蘭を頂いたことはない

そういうこともあってだろうか

我が身にそぐわないモノをもらったようで、

なんとも落ち着かない

この胡蝶蘭と私が結びつかないのだ

なぜ息子らはこんなに高価なものを私に贈ろうと思ったのだろう

先日、夫の誕生祝いが届いた

それはビール1ダース

それと比べると豪華過ぎて「なぜだろう」と考えてしまった

あまりにも我が身に不釣り合いなものをもらうと大いに戸惑う

豪華な花を見ても「こんなに高価なモノを、、、もったいない」と思うようになるとは、、、

なんとも悲しい

フリマで安く買った布で家着を縫っている私と、

この胡蝶蘭があまりにも不釣り合いで、

息子夫婦と私の生活環境がどんどん遠く離れていくのを感じ、

嬉しいというよりも寂しい気持ちになるのかもしれない

自分の心の中に多少いじけた思いも垣間見える

息子と一緒に暮らしていた時、

息子は母の日だからといってプレゼントを用意する子どもではなかった

高校生の時、「今日は母の日よ、一回くらいなにかプレゼントがほしいな」と言ったら、

ハーゲンダッツの小さなアイスクリームを一個買ってきてくれた

言ってはみたものの期待していなかったので、とても嬉しかった

今年はなぜこんなに豪華なプレゼントにしたのかな

今年はほんとうに大変な年となったので、

息子もなにか思うことがあったのかしら

母の日を10日過ぎて届いたプレゼント

息子は病院の仕事が忙しく、お嫁さんは育児で気持ちの余裕なく、

それどころではないのだから、何の連絡もなくても諦めていた

立派な胡蝶蘭と私というニンゲンがまだ結びつかないが、

頂いたものを喜ぶ素直な心が欲しい

なにはともあれ、

私に贈り物をしようと思うまでに気持ちに余裕ができたことは嬉しい

新型コロナの患者さんへの対応でそれどころではないと思っていた

この長期にわたる自粛生活で、

私もやはり相当疲れているのだと思う



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村