夫のクロゼットを開けて呆れる

昨日の夕ごはん

とり肉の酢豚風、ひじきと新玉ねぎの炒め煮、かぼちゃと青梗菜の味噌汁、

牛乳寒天、九穀米入りご飯

とり肉の背肉を買ったものの、煮ものにしたらいまいちだったので、

から揚げにして酢豚風に炒めたらとても美味しかった

新玉ねぎが出回っているうちはこうしてひじきの炒り煮にも入れて頂く

あまく柔らかくとても美味しい

旬の味は充分楽しみたい

几帳面と思っていた夫が・・・

本来なら週に半分は仕事場に出かけて仕事をしていたが、

新型コロナで在宅仕事に切り替えてから、

通勤時間もなくなり自由時間が大きく増えた

結婚してからこんなに長く自宅で過ごしたのは初めてだ

特に東京方面からこちらに戻って生活するようになってからは、

人と接する機会が多く、

家で予定もなく過ごすことなんてなかった

2月下旬から三ヶ月間、

ほぼ一人で過ごした時間を振り返ると、

40年ぶりに長い休暇を過ごしたような気持ち

予定のない休日

もちろん、外出規制があるのでそれなりのストレスも感じたが、

それでも、こんなに充実した時間になるとは思ってもみなかった

この間、家の中で気になるところをほとんど点検、掃除をした

買い物に行けないので、家にあるモノを利用して、

たくさんの雑貨や衣類を作った

以前から興味のあった婦人之友のバックナンバーを100冊単位で購入

1955年から2020年まで、手に入れた分はほぼ目を通した

(現在更に詳しく研究中)

だからどうした、といったところだが、

私が生きてきた時代を丹念に確かめることが出来て、非常に意義深い

生きている間にこんなにゆっくりと思いのままに調べ物ができる時間が与えられるとは、、、、、

新型コロナで恐ろしい思いもした反面、

外の喧騒から逃れてひとり静かに思い巡らす時間を過ごし、

この時を感謝している

今日は、初夏の訪れを感じる爽やかな天気

先日までとても肌寒い日もあったので、

まだ冬物も片付けずにいたが、

午前中寝室のクロゼットの衣類を春夏物に入れ替え

すべての衣類をチェックして今シーズン着なかったものを処分し、

ケースも乾拭きして整えた

主に処分したのは下着

購入したもののストレッチがきつくてあまり着用しなかった下着や、

毛玉がついたりゴムが緩んだ靴下など、

思い切りよく捨てた

ヒートテックの長袖シャツなど、何枚も出てきて反省

逆にトップスは頻度が落ちているものの好きな服が多く、

処分保留が多かった

オルガンを弾くようになってからほとんどスカートをはかなくなり、

持っているのは全シーズン合わせて5枚ほどになった(うち冠婚葬祭用3枚)

今年は家着をたくさん縫ったので、これからのシーズン楽しみだ(笑)

私のクロゼットは綺麗になったが、

隣の夫のクロゼットを見て愕然とした

わが家は結婚以来、

洗濯したものはそれぞれが管理する習慣になっている

しかし、私も時間に余裕ができたので、

夫の吊ってある背広コーナーの背広をすべて出してホコリを落とすなど手入れをするようになった

今回は引き出し部分をチェック

そこで唖然

一度着た服がすべて丸めてつっこんであった

そういえば数日前の寒い夜、

厚い布団を片付けてしまった夫は毛布の上にそれまで着ていた服をかけて寝たことがあった

なぜクロゼットにしまってある布団をかけないのか聞くと、

「たたむのが面倒だから」と答えたので「おや?」と思ったが、

眠くてそのまま寝た

夫は洗濯したものはきれいにたたんで引き出しに仕舞うので安心していたが、

一度手を通したものはたたまず丸めてクロゼットにつっこむ性質ということを初めて知った

見てしまった以上、ほっておくのも気持ちが悪い

団子のまま洗濯機に放り込み洗った

夫はとても几帳面だと思っていたけれど、

こんな一面があることを結婚35年目にして初めて知った

今まで気が付かなかったのはそこまで夫に感心がなかったからだろう

ここで、夫に苦言を呈しても、性質が変わることはないので、

お咎めなしとして、黙って洗ったものを差し出すことにしよう

年を重ね、互いのありのままを受け入れる習性になった

相手が出来ないことは黙ってフォローする

まあ、場合によるけれど(笑)



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村