引っ越し先は一家離散の「家」だった

昨日の夕ごはん

牛すき焼き、長芋とかに風味かまぼこの簡単酢、キャベツとわかめの味噌汁

九穀米入りご飯、キウイフルーツ(写真なし)

仕事で夕方帰宅

時間がないので鍋物にした

見切りの牛肉だったが柔らかくて美味しかった

疲れて食欲がなく簡単酢の一品は手を付けず残した

「家」の履歴書7 家賃ただの豪邸に引っ越し

夫は東京の学校を卒業、息子も中学を卒業し、

夫は幸いにも元住んでいたマチに職を得、家族三人地元に戻ってきた

しかし、以前住んでいた家のローンを払っていけるだけの収入は見込めなかった

幸い家を貸していた友人が引き続き転勤までの間住んでくれるというので、

すぐに持ち家を手放すことは回避できた

そんな時私たちの身の上を知った友人ご夫妻が、

ある建物の図面を見せてくださり、

「家賃はいりませんから、ここに住んでみませんか?」と言ってくださった

この友人夫妻は私たちが離婚問題で悩んだ時も間に入り、取り持ってくれた夫妻である

図面の建物は裁判所から競売にだされた物件だった

競売物件なので図面や写真はあるが、中は見られない

その代わり破格の安さで手に入れることができる

夫妻はこの建物を落札した暁には

私たちにこの建物の一部に住む代わりに、建物を管理してほしいと提案

私達はありがたくその申し出を受けることになった

競売物件を落札したとき、その建物には親夫婦とその子供二世帯の計三世帯が住んでいた

私達一家はその住人が去った翌日、家財荷物を搬入

そのとき、初めてご夫妻共々内部を見て愕然とした

裁判所の資料はほぼ図面だけで内部の写真は白黒の数枚だったので、

豪邸と見受けられたが、実際はゴミ屋敷であった

強制的に退去させられた家は、前住人の荒んだ生活をそのまま映し出していた

玄関入ってすぐに作り付けの水槽があったが、

そこは巨大なゴミ箱と化していた

三階建ての豪邸はどの階もゴミだらけ

中庭にもコンビニの弁当のカラが山のように捨てられていた

私が住むことになった二階を見た母は、

「こんなところに住まなければならないの、、」と涙ぐんでいた

しかし、私は幸せだった

今まで住んでいた東京のアパートの4倍以上の広さ

場所はマチナカの一等地

ゴミがなんだ!綺麗にすればいいじゃないか!と燃えた

この状態を見た所有者となったご夫妻も、まさかこれほどとは、、、と驚いていたが、

1,000万ほどかけてリフォーム

ご夫妻の友人らが集まり、ペンキを塗ったり、

どうしても素人でできないところは知り合いの大工さんに安い材料で直してもらった

リフォームしている間、私達は母のマンションに居候

私も毎日掃除に通った

二ヶ月後やっと人が住めるようになったので、晴れて引っ越したのがこの「家」

専有面積130㎡プラス家族風呂4帖くらいと玄関

おカネがなかったので、必要な家具はすべてリサイクルショップで手に入れ、

カーテンは一番安い既製品を買って自分でサイズを直した

カーテンは一窓レースと厚地をあわせて2,000円

全室合わせて10,000円で済んだと記憶している

ベッドと夫のオーディオは友人らに貸していたのを返してもらい、

なんとか部屋らしくなった

引っ越して近所の家に挨拶に行くと、

「あなたがたのような人が引っ越してきてくれて本当に良かった」と感謝された

そのくらい近所でも有名なゴミ屋敷だったのだ

「家」というのは住んでいる人の心を表す

この家に住んでいた三家族はここを出て皆、離散した

内部に入って見てみると、家族写真が壁に貼られたままになっていた

放置されたままの学習机や日用品、家族を撮ったらしいビデオなどを見て、

見知らぬ他人の心の中を見たようなやりきれない気持ちになったのを覚えている

この「家」は3家族が住める広さだったので、管理は大変だった

ここに八年住んだ時、私たちの家を貸していた友人のご主人が転勤となり、

住宅ローンはあと数年残っていたが、私達は自分たちの家に戻ることにした

この「家」の管理は大変であったが、

経済的に困窮していた時、家賃がただで住める家が与えられたことで、

息子を大学にも行かせることができた

私たちのために家を提供してくださったご夫妻、

そして私達の家に住み私達の生活を支えてくださった友人一家、、、

このように私たち家族を支えてくれる友人らに恵まれ、

家族三人一度も飢えることなく生きることができた

友人らには感謝してもしきれない

この友人らとの関わりを通しても、私は人の生き方を学んだ

今、ボラ中心の生活をしているのは、

自分がこのように他者から助けられたからである

ほんとうに友人には多くのことを教えられた

次回はいよいよ「家」の履歴書最終回です



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援をありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村