その家々にある生活の営みを想い祈る

昨日の夕ごはん

お刺身三種、イカのリングフライ、数の子醤油漬け、ずんだ豆、もやしと揚げの味噌汁、ご飯

私の夕ごはんは、魚のお刺身が食べられないので、エビとアボカドのお刺身にした

デザートはネットメロン

昨夜は結婚35周年記念でご馳走

夫は「盆と正月がいっぺんに来たようだ」と喜んでいた

食事を頂きながら、何かお話してと促しても特別会話ナシ

これが結婚35年を迎えた夫婦なのかとしみじみ思う

毎日が平凡

大きなトラブルも無し

健康も守られている

それでいいじゃないか

「美味しいね」「うん」

後は窓から見える風景を見ながら、

静かに食事を終える

この穏やかな時間が幸せなのだ

散歩しながら考えたこと

今日は私の授業があるので、朝早くから移動

授業まで少し待ち時間があったので、

学校の近所を散歩した

普段馴染みのない土地なので、

私の住む地域とはまた違う雰囲気で、

当地も広いことを実感

それが、日本全体となるとほんとうにそれぞれの土地の特色があり、

雰囲気も違うのだろう

そこに建つ家々では、皆その家の生活を守ろうと毎日真剣に奮闘しているのだろう

飛行機に乗って眼下に広がる街並みをみながら、

その家々に生活する人々に思いを馳せたことがある

この点のように見える家の中に、

一人一人の人生が繰り広げられていることに、

ある種の感動を覚えた

旅から戻り我が家の鍵を開け、中に入った時、

ああ、ここが神さまが私に与えてくれた家なのだと、

帰る家があることに感謝した

空から見ると点のように見える私の家を守るため、

何十年も苦労して借金を返してきた

家は手にすることが出来たが、

それで精一杯

新品の家具を買う余裕もない生活が続いた

うちに来るゲストは、中に入ると家具が最小限しかないことに驚く

飾り物も少ない

あるのは本ばかり、、、

食器も最低限のものだけ

生活に余裕があれば、あれこれ揃えたと思う

うちは外観はよく見えるが、実情は娯楽費予算が月1500円の生活だ

家を見ただけでは、他人にその家の内情はわからないだろう

家を維持するため、

とても辛い思いをしてきた日々を思う

今、ニュースで濁流に流される家を見て、

その家々で生活してきた人の苦しみを思う

今まで守ってきた家が一瞬で消えてゆく

また新たな気持ちで再建する気持ちになるまで、

辛い日々が続くだろう

空を見上げながら、

遠い地で起こっている災害の被害が、

これ以上広がらないようにと今切に祈る

神よ、この地で苦しむ人々にどうかまた立ち上がる力を与えてください



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村