初めて見たお嫁ちゃんの家

昨日の夕ごはん

鮭の醤油漬け焼き、厚揚げと青梗菜のオイスターソース炒め、

キャベツと揚げの味噌汁、九穀米入りご飯、プルーン

昨日は終日外出で疲れて帰宅

漬けておいた鮭を焼いている間に一品炒めものを作った

夫がキャベツの味噌汁が好き

安くて簡単

プルーンは熟していて美味しい!

お嫁ちゃんの家で撮影した動画を見た

息子の結婚に際して私たち夫婦はお相手の家族構成は聞いたが、

その他の情報に関しては全く知らずに結婚を承諾した

その息子がお相手の家に挨拶に行った時、

どんな家に住んでいたのか息子に聞くと、

「え、普通の家だよ」と答えた

古いとも新しいとも、大きいとも小さいとも言わず、

普通と一言答えたのみだったので、

こちらもそうか「普通か」と思っていた

結婚前に両親が顔合わせをした時、

初めてあちらのご両親に会った

お父さんはとても素朴な人柄で、お母さんは明るく気さくな感じだった

私は気取った両親でなくて心底ほっとした

お嫁さんともゆっくり話したことはなく、

その時が二回目の面会だったが、

こんなご両親に育てられた娘さんで良かったと安心した

孫が生まれてから、お嫁ちゃんの実家で撮影した写真がLINEでくるようになった

孫の成長を見るのも楽しみだが、

やはりお嫁ちゃんの家にも興味がある

息子は「普通」と言ったが、普通という言葉ほど大雑把な表現はない

それが、昨夜お嫁ちゃんから来た動画には、

孫の動きに合わせて実家のリビング全体が写っていた

見た所築10年くらいだろうか

リビングも広く、室内犬と孫が走り回って遊んでいた

ただやはりモノが多い

「普通」の家ってこんなにモノがあるのだろうか、、、

「家を売った友人」宅もものすごいモノの量で、

その量に圧倒された

友人の家と我が家を比べると、我が家はミニマリストの家と言って過言でないと思う

建てて2,3年は皆すっきり暮らしているが、

10年も経つとモノが多い家とそうでない家の差がはっきりすると思う

うちにモノが少ないのは、

住宅ローンを払うのに精一杯で、

インテリア関係におカネをかける余裕がなかったという事情もある

数年前、うちにインテリア好きな奥様を招待した時、

「あの、お雪さんはミニマリストなんですか?」と聞かれた

私は「そういうわけではないんですけど、、、」と言葉を濁したが、

自分をミニマリストだと思うと、

モノがないことに引け目を感じない

なので自称ミニマリストでいくことにした

私がお嫁ちゃんの家がどんな家か気になったように、

あちらも我が家のことを聞いたのではないかと思う

息子はお嫁ちゃんが初めて我が家に来た時、

「ね、なんにもモノがない家でしょ?」とニヤニヤしていた

居間にテレビがない、というのがお嫁ちゃんにはショックだったようだ

もしかしたら、我が家は「普通でない」家に分類されているのかもしれないが、

これから老後のモノの始末のことを考えると、

今更モノを集めようとは思わない

うちの場合、息子は忙しく私たちが出ていった後のモノを始末をする余裕はないと思う

今友人のモノの処理でフリマサイトで処分しているので、

私も自分のモノで使う機会のないものはバンバン売ろうと思っている

いつかお嫁ちゃんの両親が、うちで撮った動画を見た時、

モデルルームで撮ったように生活感のないすっきりした映像をお届けできるよう、

今から頑張ろうと思う(笑)



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村