息子からの突然の電話は・・・

昨日の夕ごはん

鶏肉とシルクスイート(さつまいも)のカンタン酢煮、新玉ねぎとツナのマヨネーズ和え、

大根と揚げの味噌汁、玄米入りご飯

エリンギも入れて、クックパッドのレシピで煮物を作った

ゆで卵と青梗菜は茹でて完成してから添えた

シルクスイートがとても甘いこともあって、

全体の甘みが強過ぎた、次回は酢の量を調整してみよう

ご飯は美味しいパンを買って夕ごはんで頂きたかったので、

半量に抑えた

天然酵母で作った美味しいパン

天然酵母のパンを購入

私はホームベーカリーで焼いた自家製食パンを毎朝頂いているが、

時々機会を見つけて知人が販売するパンを購入している

夕ごはん時に右端のいちじくパンを頂いた

天然酵母のパンはもっちりして噛みごたえがあり、

とても美味しいと思う

家計の予算があるので、いつも購入できないのが残念

今回の代金はちょうど1,000円

息子がとうとうワクチンを接種!

昨夜、夕ごはんの支度をしていたら、息子から電話がきた

息子から電話が来るのは年に数回

何事かと思ったら、

ファイザーのコロナワクチンを接種したとの知らせ

感想を聞いたら、接種の時は痛くなかったけれど、

翌日から接種をした腕が痛くなり90度から上に上げる時、

痛みがあると言っていた

私の友人の医師のご主人も1週間ほど前に接種したが、

息子と同じように筋肉に針を刺す時の痛さは、

インフルエンザの注射に比べると痛くなかったが、

やはり翌日から腕が痛くなったと言っていた

息子の同僚も皆同じように翌日から腕が痛くなったという

アナフィラキシーショックになるのでは、、と心配していたけれど、

その症状がなかったことにまずは安心した

息子は、ワクチン接種が広がることで、コロナの感染拡大も抑えられると期待していた

私も今まで暗く閉ざされた空間に置かれているような気持ちだったが、

息子がワクチン接種を受けたことで、

息子や孫に会える日が少しだけ近づいたように感じた

しかし、

私達夫婦と息子一家が会うためには、

私たち夫婦も接種を完了しなければならない

それはいつの日か、、、

今年中に皆に会うことができるのだろうか

息子はいつになくいつまでもしゃべっている

お嫁さんと孫は元気かと聞くと、

息子が土日も忙しいので二人は毎週のように里帰りしているとのこと

お嫁さんがいるとこんなに私と喋らない

昨日は、昔一緒に暮らしていた時のように、

自然に明るく話していた

電話を切ってから、そのことを夫に伝えると、

「当たり前だよ、

お嫁さんの前で母親と親しそうに話すとお嫁さんに嫌われるだろ」と言った

それはそうだ

息子には、私とうまくいくより、お嫁さんとうまくいって欲しい

息子は一度離婚を経験した

もう二度とあんな経験はしてほしくない

私のご機嫌など取らなくて結構

息子がこの家を出て9年

こちらは息子ナシの生活にも慣れた

息子の母親としては、

毎週孫と対面できるお嫁さんの両親が羨ましいが、

実際に娘の孫の子守をいつも頼まれている友人に言わせると、

「もう体力がないので、一日預かるのはパスしたい」とのこと

でも、それは贅沢な悩みだと思う

同じ孫でも娘の子と息子の子では違うだろう

血がつながっている娘と違い、お嫁さんにはこちらも遠慮する

今はコロナで会えないということになっているが、

これから先会えるようになっても、

息子家族とは適度な距離感を持ってお付き合いをしていきたい

そのためには互いに期待しないこと

お嫁さんには息子がお世話になっているという意識を持って接したい


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ  


ブログ村の読者登録もご利用ください♡ 夕ごと日記 - にほんブログ村