式場で戸惑い&両家母親の装い準備

昨日の夕ごはん

息子の結婚式披露パーティ

写真なし

メニューをチェックする余裕もありませんでした

式場入ってまず戸惑い

結婚式が終わった

今、最寄り空港に戻る機内から更新している

これから思いつくままに、

一人息子の門出について記録として残していこうと思う

結婚式当日の午後12時

私たちは式場で息子一家と会うことになった

二泊の予定だったが、ホテルの連泊が叶わなかった

一日目のホテルのチェックアウトは11時

荷物を抱えて駅に向かいエキナカの手打ち蕎麦屋に入る

腹が減っているのにいざメニューを見ても天ぷらなどを食す気持ちにならない

胸がいっぱいで結局私はかけ蕎麦、夫は鴨南蛮蕎麦を食す

立ち食い蕎麦に近い店舗だったが、

思いのほか旨く舌つづみを打った

約束の時間まで少し余裕があったので、節約してバスで会場に向かおうと乗り場まで行ったが、

やはり万が一のアクシデントを考えタクシーで向かうことにする

会場に着くと私たちが一番乗り

会場に入り驚いた

お嫁さんのマタニティ写真が飾ってある!

トップスから突き出たお腹にへそが写り、ロングスカート姿

今やこんな時代になったのか、、、

こちらが恥ずかしくなる

いや、こんな姑根性を出してはいけない

笑顔で息子らを迎えるのだ

子連れで出発が遅れたのか、息子一家は40分ほど遅れて到着

息子夫婦はすぐに支度部屋に行き、私たちの元に孫が残された

2ヶ月ぶりに会う孫は、丸々と肥えて満月のような顔

その孫をヘビーカーに乗せ、庭園内を回る

夫がヘビーカーを押し、私がついて歩く

32年前の光景がよみがえる

あの時20代だった夫は、今では還暦を過ぎたおじいさんだ

ほどなくお嫁さんの両親がきた

お母さんはノーメイクで、大きなマスクで顔を隠している

今回の支度はお嫁さんの母親からメイク、ヘアアレンジ、着付けに入り、

私は支度する順番を変え15分遅れで着付け、メイク、ヘアアレンジに入った

両家の母親、フルメイク、ヘアレンジ着付けへ

私が着付けている間、すぐ後ろで嫁のお母さんと美容師のやりとりが聞こえる

私も彼女もヘアアレンジとメイク、着付けをプロにお任せしている

私の着付けが終わり、ヘアメイクの終わった彼女を見るとよく言えばナチュラル

でもメイクに華やかさが欠ける

せっかくの機会なのに残念

私は、いつもより少し濃いめメイクのほうが黒留が映えると思ったので、

しっかり自分の好みを美容師に伝えることにした

私のメイクが始まった

美容師からどの程度化粧をするか聞かれたので、しっかりメイクと答えた

せっかくカネを払ってプロに化粧してもらうのに、

自分でしたのと大差ないのではつまらない

下地を念入りにしてからメイクに入る

アイシャドーはブラウンとグレー系と指定

口紅は私はオレンジ系は似合わないのでローズ系にしてもらった

アイラインも上下に入れ、マスカラも上下

この際、つけまつげだってOKと思ったけれど、

マスカラだけで終わった(笑)

完成!

まあまあイメージ通り

ヘアアレンジに入った

美容師が高い位置で髪を結おうとしたので私の要望を聞いてもらう

今は高い位置で結うのが流行っているようだが、

(私はお嫁さんのお母さんが縦長のシルエットで結ったので)

縦を強調しないシルエットになるよう低い位置で結うことを希望

一緒に並ぶかたと同じような印象の髪型にするのは避けたい

低い位置であまり高さを出さずに結ったことで、

派手めの化粧の印象が抑えられたと思う

もう、遥か昔、私が二十代の初めの頃

一年ほど広告モデルのバイトに励んでいた時がある

その時、自分を実際以上に美しく見せるテクニックを学んだ

自分が一番美しく見える角度、ポーズのとり方、笑顔の作り方など、、

何事においても、

相手任せでなく、こちらからも積極的にアプローチをすることが大切だ

こちらが美容に関心があることを伝えると、

メイクさんも気合を入れて取り組んでくれる

着付けとメイクが終わった

フィッティングルームを出ると、

お客様がフロアーに溢れていた

さあ、いよいよ息子の結婚式が始まる!

背筋をのばしお招きした皆さんへお礼の挨拶に向かう

この続きはまた明日  m(_ _)m


今日も読んでくださりありがとうございました

ランキングに参加しています

こちらでポチポチ応援してくださると更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ