お嫁さんの復職が決まった

昨日の夕ごはん

うな丼、厚揚げと白菜のそぼろ炒め、金時豆の煮豆、

きゅうりとちくわのマヨネーズ会え、じゃが芋とわかめの味噌汁、

牛乳寒天

夫の誕生日お祝い膳

冷凍のうなぎがあったので夫には二切れ、私は一切れ

デザートは牛乳寒天(みかん缶入り)

生クリームがあったらケーキを焼いても良かったのだけれど、

牛乳寒天でデザート代わり

酪農業を助けるためにいつもより一本多く牛乳を買う運動に参加している

牛乳寒天は簡単で大量に消費できるのでお勧め

お嫁さんは復職、孫は保育園へ

こどもの日に撮った孫の写真とともに、息子夫婦の近況の知らせ

孫は来月から慣らし保育でお嫁さんの復職より一月早く保育所に通うことになった

育休は一年と聞いていたので、そろそろ復職かとは思っていたが、

復職する病院は新型コロナに感染した患者さんも受け入れている病院なので、

もしかしたら延期するのでは、、、と思っていた

この時期、一人でも多くの医療従事者を求めているので、

復職することは歓迎されるべきことなのかもしれないが、

私の心は複雑だ

かといって、自由に人の行き来が出来ない社会情勢

孫がお嫁さんとだけ接して育つのも成長に良いとは思えないし、

お嫁さんだって煮詰まってくるだろう

保育所に入って色々な人と接する機会を持つことも大切だ

今年に入ってから、特に三月頃から急に生活する上で制約が多くなり、

乳児を抱えたお母さんは大変なストレスにさらされたと思う

ほんとうに良く頑張っている

こどもの日を前に、孫になにかを送ろうと思っていた

世間では父方の両親が五月人形を送る風習もあるようだが、

私自身も息子の初節句を祝わなかったし、

第一狭いアパートにそういったものを送られたら迷惑ではないかと考え、

必要かと聞くこともしなかった

お嫁さんからは、

「写真館には行けないので」という説明とともに、

紋付袴を来た孫が手作りらしき折り紙風の兜をかぶり、

フェルトで出来た鯉のぼりの小道具を持った写真が送られてきた

孫は着慣れない着物を着ているせいか、憮然とした表情

それがなんとも可笑しかった

もうひとつ添付された動画にはせわしなく動く孫が映っていた

一ヶ月前の動画とは全く違い、動きも素早く見ていて目が回りそうだ

こうして会わない間に孫はどんどん成長し、

お話もできるようになるのだろう

孫にはあと一年以上は会えないと思っている

私が最後に見た孫は初めて寝返りをした姿であった

次に会う時は乳児から幼児へと代わり、

お話もする孫であろう

初孫なのに、ほとんど会わぬまま成長することに寂しさを覚えなくもないが、

会えば会ったで余計な干渉をする

写真や動画で観ていたほうが、気楽かもしれない

しょせん孫は孫

息子とは違う

服一枚私の好みの服を着せることはできない

孫はお嫁さんの子どもなので、私は一切干渉しないことに決めた

それは私の義母がそうしてくれたことで、

私が自由に息子を育てることができたことへの感謝しているから

まったく義母はあっぱれな姑であった

色々思うことはあっただろうに、

私は一度も意見されたことはない

私も大いに見習いたいと思う

今日は好天に恵まれたのでホームセンターに行って野菜の苗を少々買い、

庭の片隅に植えた

苗売り場もレジも外にあったので安心した

今年はもし私たち家族が新型コロナに感染したら、

花の世話ができなくなるので、家の前を花で飾ることは止めようと考えていた

しかし、こんな時だからこそ、いつもどおりに玄関前を飾ることで、

道行く人の目を楽しませることができるかもしれないと考えを改め、花で飾ることにする



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村