困難を乗り超える力となるもの/海外出国直前まさかの出来事!


ランキングに参加しています
応援してくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

スーパームーン”皆既月食”見えました☆彡

牛肉の焼き肉風、小松菜としめじの煮浸し、卵豆腐

じゃがいもとわかめの味噌汁、ご飯

ネットで手作りのタレを検索、焼き肉風にして頂いた

タレを買わなくても十分美味しい☆彡

搭乗手続き開始直後、書類の不備で搭乗できず・・・

世界中がコロナ禍の渦に巻き込まれる中で、

どうしても他国と行き来しなければならない人たちがいる

先日お別れの挨拶をした夫の親友の奥様ともうひとりの友人との三人で、

今日オンラインを通して話をしたが、

今頃夫の親友は機上の人となっているかと思ったら、

なんと、まだ国際空港で待機中とのことで驚いた

一体なにかあったのか、、、

親友は昨日予定どおりすべての手続を終え、当地から空路国際空港へ移動

国内に住む一人娘さんとも会ってしばしの別れを惜しみ、

いよいよ乗り継ぎ空港へ向けてのフライトを待つだけとなった

ところが、なんとPCR検査の書類に検体を行った時間が記載されていないミスを指摘されたという

慌てて検査を受けた病院に連絡するも、診療時間を過ぎていたので関係者と連絡取れず

乗り継ぎ空港であるドイツの関係者にも問い合わせたが、

万が一、証明が間に合わず検査の有効期限である72時間を超えると無効になり、

入国を拒否される事態になるとのことで、結局搭乗をキャンセル

深夜だったが宿泊するホテルを手配して、

翌日改めて空港内でPCR検査を受けて出国することになった

このような非常事態とあって、キャンセル料を支払うことなく、

新たな便に乗り換えることができるらしいが、

昨夜はこれからの長旅を前に親友も奥様も不安な一夜を過ごしたという

昨夜一人日本に残った奥様は、ご主人を見送った後、

コロナが蔓延している中で、

長期にわたりたった一人で実母の見守りをしなければならない心細さに泣いたという

そんな中ご主人から出国が延びた知らせ

まだ始まったばかりのこの時に早くもトラブルで気持ちが落ち込んだ様子であった

その様子を見て、私はこれからご主人が戻られるまでの一年間

何か困ることがあったらためらわず私に連絡をするよう申し出た

幸い彼女の自宅と私のシゴトバは徒歩数分の距離だ

すると彼女はむせび泣いた

私は彼女がこのように感情を顕にするのを始めて見た

彼女は海外の大学院を修了し同時通訳もこなすほど優秀

性格も落ち着いていて、取り乱したところを見たことがなかった

彼女も自分一人の身であれば、このような状況も乗り切れるであろうが、

今はコロナの非常時

いつ誰か感染してもおかしくない状況

一人で生活するだけでも不安は尽きない中、

助けを必要とする実母の介助までしていかねばならぬ

どんなに心細いであろう、、

彼女の心中を思えば友として当然の申し出であった

もう一人の友人もすかさず「私も一緒にバックアップします」と申し出た

彼女のご主人は大学で教えておられる医師なので、

奥様も万が一の時には非常に心強いと思う

実は、こんなことを申し出たのにはわけがある

私は10代の後半から50代になるまでずっとパニック障害に苦しんだ

発作が起きると急に心細くなり、

胸が苦しくなり死ぬのではないかという恐怖に襲われた

そんな時、助けを求めれば誰かが駆けつけてくれると思っただけで、

苦しみが和らいだ

どんなに苦しくても孤独だったら、

私はむしろその苦しみの中で自死していたかもしれないと思う

「私はあなたの側にいる」という友人や家族に恵まれたことで、

私は病気を克服した

なので、同じようにたった一人で苦しみと闘っている人を見ると、

私が他の人にしてもらったように、

私もその人の力になりたいと願う

自分に寄り添ってくれる人が一人いるだけでも、

人は苦しみに耐えていくことができると考える

「私はあなたの側にいる」という言葉の持つ力は計り知れない

さあ、今度こそ夫の親友は自国へ向かう機上の人となるだろう

今はまさに非常事態

ご夫妻が再会できるときまで陰で支えたい

雨にぬれるアルケミラモリス


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP