私のストレス回避法

昨日の夕ごはん

肉じゃが、厚揚げの野菜あんかけ、大根と小松菜の味噌汁、りんご、九穀米入りご飯

生協で購入したぶこつ野菜のじゃがいもがとっても美味しくて、

肉じゃがにして堪能

厚揚げもあんかけにしていただいだけれど、

作ってから同じ醤油味だったことに気がついた(^^ゞ

りんごは王林

若い頃はりんごの皮をむくのが面倒だった

今は美味しいものを食べられるのだから喜んでむく

義母が元気な頃、毎年お歳暮に美味しいりんごが送られてきたが、

皮をむくのが面倒で腐らせたりしていた

なんともったいないことをしていたのか

義母に感謝を伝えたい時にはすでにこの世にいない

遺影に向かって毎日のように「おばあちゃん、ごめんね、、、」とつぶやく日々

ストレス回避・・・失敗から学ぶ

昨夜、実家の姉からLINEがきた

私が二ヶ月前に姉に貸した結婚式のドレスを返したいので、

今日実家に帰る途中うちに寄って返したいとの内容

ああ、またこのパターンか、、、と憂鬱になった

このようなLINEで何度予定を変更されたことか

来るというのでその時間に待っていても一度で来たためしがない

それが嫌なので、郵便で送ってと言ったのだけれど、

どうもその真意が伝わっていないとみえる

私も前回何度も変更されたので、

姉の気分に付き合うのはすっかり懲りてしまった

そこで、自宅の車庫の鍵を開けておくので、

もしいなかったらシャッターを開けてそこに置いてある棚に置いておくよう伝えた

これなら私が不在でもものを受け取れる

受け取る相手によっては「あまり自分に会いたくないのか」と受け取られるかもしれないが、

お互いにモノの受け渡しでストレスにならない方法を選択した

これだと姉も時間を気にすることなくうちに寄れるし、

私も家にいれば応対するしいなくても受け取れる

ストレスをためないためにはこちらにも知恵が必要だ

多少ストレスに感じても、いつでも笑顔で接することが出来る人なら、

こんな方法を取らないだろうが、

私は約束の時間を守るタイプなので、予定を次々と変更する人には強いストレスを感じる

これもひとつの自己防衛

ストレスを強く感じると身体症状にも現れる年になってきたので、

こちらも知恵を持って接したい

お嫁さんとのLINEも知恵をもって

昨年クリスマス以降、息子やお嫁さんから頻繁に孫の写真や動画が送られてくるようになった

二人揃ってiPhone11を購入したとのことで、画質が格段と良くなり、

写真を撮るのが楽しくなったようだ

確かにまるでプロが撮ったかのような写真もある

動画など直接見るよりはっきり鮮明に見える(笑)

けれども、やり取りが頻繁になるにつれて、

つい孫の体重を質問

その後その答えが返ってこない間、数日待ちぼうけ気分

忙しいのだと思ったけれど、なにか無視されたようで寂しい気持ちに・・・

あちらは写真を送るのが楽しいのであって、

こちらの反応には特段感心はないのだろう

なので、これからは質問をしないことにした

小さなことだが、これも私のストレス回避法

お互いにLINEを出したからと言ってすぐに応える必要はないのだから

そんなこともあったが、

お嫁さんから私が孫の誕生祝いに作ったお包みで演出して撮った写真もあって、

お嫁さんの優しい心遣いも感じた

これからも程よい距離感を持って、相手を気遣かうことのできる関係を構築していきたい

馴れ合いの関係はストレスの元

夫婦であっても、相手に感謝の気持ちを持って接すると、

関係が変化してくると感じる

私にとって一番感謝することが難しいのは姉だろうか

そういう人が一人でもいると、自分の至らなさがわかるので、

私にとっては必要な人なんだということで感謝しよう (^o^;)



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援をありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村