手術を宣告された夫との時間

昨日の夕ごはん


イワシの焼き魚、さつまいもとちくわの天ぷら、ほうれん草の胡麻和え、豆腐としめじの味噌汁、九穀米入りご飯

ふるさと納税返礼品のイワシは大きくて食べごたえ十分

向きを考えないで焼いたのでヨコシマなイワシになっている(笑)

さつまいもの天ぷらが無性に食べたくて作った

胡麻和えは黒ごまをミルサーですりつぶして作った

すりごまを買うよりこちらのほうが断然美味しい

うちでは結婚以来七草粥を食べる習慣がないので、昨夜もいつものご飯

ここ数日、夫が遅い正月休みをもらって在宅

昼ごはんもしっかり作るので夕ごはんはなんとなく力尽きてる感じ(笑)

夫の遅い正月休み

夫が休日と言ってもなにかあるわけではない

我が家の場合「どこかへ行こう」ということにもならない

なので当然、外食をしようという流れにもならない

先に起きて自ら朝食の支度をして食べている夫に「おはよう」と声をかける

私が朝食を頂いている15分ほど夫とおしゃべり

その後夫はトイレタイム

私は新聞タイム

その後、夫は自室で趣味に講じている

私は家事終了後、好きなことを一通りしてその後昼ごはんの準備

昨日はあんかけ焼きそばだった

夫は「お、うまそうだね!」と喜んで黙々と食べる

食後、夫が自慢の珈琲を入れる

夫は、おやつ棚から生協のクッキーなんぞ取り出して一枚食べるのが楽しみだ

私は友人から頂いた資生堂パーラーのクッキーを食べる

夫にも勧めるが夫は「いやいや、どうぞどうぞ

私はこれで結構です」と遠慮する

食べ終わり、夫が休みのうちに家のメンテナンスのことを相談

二階の和室の押入れの一角にコート類を収納したら、一階の物入れに夫の部屋のモノを収納して、

夫の部屋がもっとスッキリするんじゃないかと提案

自分の益になる話しなので夫も興味をもつと思ったけれど、

それほど関心がない様子

夫は数日後に検査結果を聞くために病院に行くことになっている

そこから紹介状を頂いて大きな病院に行き、

手術の日程を相談する予定だ

昨日夫はAmazonで自分の防寒衣類を買っていた

この休み中にも色々趣味のものが届いている

手術に関して不安はないのだろうか

私が二年連続外科手術を受けた時は、万が一のことを考えて何も買えなくなった

その点夫は非常に楽観的のようにみえる

こういうのを積極的な生き方というのだろうか

私とは正反対、夫婦でバランスが取れている

今回改めて夫と結婚して良かったと思う

どこにも出かけず、代わり映えのしない食事をいただき、静かに家で過ごす

争いごともなく、穏やか

凪の海を漂っているような日常

夫の優しい言葉が海面にきらめく光のように輝く

落ち着いた静寂が支配する世界

こんな日常を一日でも長く過ごしたいと願う

夕ごはんにイワシを焼いたら猫が魚焼きの前に張り付いている

一番美味しいところを一口あげる

幸せは皆で味わおう

猫も16歳と10ヶ月になる

「今年も一年頑張ろう」と声をかけるとにゃあんと鳴いた



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援をありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村