突然体調が悪化した母親を前に・・・

昨日の夕ごはん

チキンカレー、新生姜の甘酢、ポートランド(ぶどう)

暑い!

あまりに暑いので簡単にカレーにした

昨日激安スーパーに行ったら、ぶどうが三種で539円で売っていたので購入

激安スーパーの店頭に箱入りの国産マスクが山積みして売っていた

50枚入りで税込み869円

一枚17円

コロナ前の価格に戻ったと思い1箱購入

帰宅してから説明を読むと、なんと中国製

国産と書いていた気がするが、

暑さとマスクで頭がぼうっとしているので自信がなくなってきた

恐る恐る中を開けると、中国政府の検品を通った証書があり、

とても綺麗だったのでほっとした

しかし、このマスク

手にとって見ている人はいなかった

マスクを求めて長蛇の列をなしていたあの騒ぎを思い出す

マスクが普通に買えるようになって、本当に良かった

今日から新学期スタート

私が勤める学校での授業が今日から始まる

マスクをして二時間以上しゃべるのはとても辛いので、

マウスシールドを使って講義をする予定

関西や中部地方の感染拡大地から戻った学生には、

2週間自宅で外出自粛の要請をしているので、

その学生はZOOMで参加

学生もこの暑さで自室にこもっていて気の毒だと思うけれど、

万が一感染していて学校でクラスターが発生したらもっと大変なことになる

このような状態があと何年か続くかもしれないと思うと、

私も今年度で退職したい気持ちだが、

後任の講師が見つかるかどうか、微妙だ

親の介護で悩む友人

昨日は50代なかばの友人とも話しをする機会があった

彼女は欧州の大学院を出て、国際機関で働く優秀な女性だが、

現在高齢の母親の介護で頭がいっぱいだと打ち明けてくれた

「いつかこの時が来ると覚悟していたけど、

こんなに急激に母の健康が損なわれると思わなかった

歩けなくなり介助が必要になった母をまだ受け入れられない」と彼女は話した

お母さんが体調を崩す原因となったのは、

やはり新型コロナに関してのストレスが発端らしい

思うように外出も出来ず、通っていたデイサービスの利用者からコロナ陽性患者が出たことで、

デイにも行かなくなり、

仕事で大勢の人と会う娘である友人にも頻繁に会えなくなった

ある日突然全身が痙攣し、、、、、

いくつもの病院で検査を受けたが、薬が効かず、

たまたま夜間の救急に行き診察した医師が、

お母さんの病気の専門医だったことから、

病名が判明し、入院

今は自宅で療養している

しかし、入院までの期間に体力が無くなり、

今は遠くに住むきょうだいが同居し生活している

そのきょうだいもいつまでも当地にいるわけにもいかないので、

いずれまた彼女が一人で関わらねばならない

彼女は母親ととても良好な関係

それだけに、母親の今後を考えると気持ちが落ち込む

良くて現状維持、今後状態が良くなることはない、と覚悟している

私たちの年代の悩みは、

親の介護、子どもの将来、自分や配偶者の健康、

退職後の経済など数えればきりがない

将来に対して計画性をもって生活することも大切だが、

思いもしないことが起こるのが人生だ

どんな問題が起きても、

自分の心と向き合いながらストレスをうまく発散して、

他人の助けも借りてこの波を乗り切りたい

一番怖いのは、自分一人で責任を担うことだと思う

私達の世代は一通りの苦労は経験済みなので、

他人の痛みも想像できる

友人の直接の助けにはならないかもしれないけれど、

間接的な助けならできることもあるだろう

友人が介護で潰れないように、

友人らで見守りたいと思う



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村