退職の意向を知らせたら・・・

昨日の夕ごはん

たらソテー、もやしとちくわピーマンの甘辛いため、

モロッコいんげんとトマトのサラダ、玉ねぎと揚げの味噌汁、

九穀米入りご飯、ポートランド(ぶどう)

一昨日夜、オフィスで夕食を食べた日、

帰りにスーパーに寄って生のたらを買い、

寝る前に塩をふってタッパーに入れたまではいいが、

疲れていたのかそのまま台所に置きっぱなしにして就寝

翌朝10時頃になって気が付き冷蔵庫へ

生きは悪くなったと思うけれど、

塩を振ったからか、腐りもせず夕ごはんに頂いた

冷蔵庫に入れ忘れるなんて、、、とても疲れていると感じた

意を決して退職の意向を知らせた

私は週に一度、とある学校で授業を担当している

この仕事を引き受けたのは5年前

突然、学校の責任者から自宅に電話があり仕事を依頼された

私には荷が重いと即辞退したが、それまでの先生が辞職するにあたり、

後任がいなくて困っているということで説得され、

「では次の先生が見つかるまで繋ぎとして」ということで引き受けた

一年ということで引き受けたが、

後任が見つからず今日に至った

しかし、私も今年還暦を迎えるにあたり、

体力気力の減退を感じるようになった

まず、学校はうちから遠い

特に雪が降る季節になると路面状態が悪化して、

車通勤が怖い

加えてこの新型コロナ感染問題で、一時期授業がZOOMになったが、

私の授業はZOOMで対応しきれない科目

そんなこともあって、そろそろ辞め時と考えるようになった

辞めるとしたら早めに上層部に伝えて後任を探してもらわねばならない

私の前任者も10月に辞任の意向を伝えたので、

私も先日トップに電話をかけ辞職の意向を伝えた

すると、、、

やはり後任の先生がいないということで、

辞める理由を詳しく聞かれた

その結果、昨日の会議で来年度から私の授業は通年ではなく、

冬季間の授業をカットするということに決まった

この知らせが来た時、正直辞められないことがショックであったが、

夫から「アナタ、こちらの都合にわざわざ合わせてくれたのに、

なぜ感謝しないの?」と言われ、はっ、とした

私にそこまでして授業を続けてもらおうと考えてくれているのに、

なぜ感謝できないのか、、、

私は元来出不精

教えることは楽しい

けれども、出かけるまでがとても億劫

車の運転も年々意欲がなくなっている

昔は片道3時間の運転でも平気だったのに、

今は往復2時間の運転でもとても疲れる

車に乗りたいという気持ちもなくなってきた

これが老化ということなのだろうか

とにかく家で一人で何かをしていることがとても好き

60歳で退職、というイメージが強かったので、

自分もそれに便乗したいと思っていたが、

それは先延ばしになった

それで、今の学校の定年は何歳かと調べると、

70歳になっても働いている先生もいた

私、70歳まで生きているかしら、、、

ともかく授業のカリキュラムまで変更していただいたので、

健康上の都合で通えなくなるまで続けることになりそう

高齢化社会にあって、必要とされて仕事を続けることができることは幸いである

一旦辞めると考えていたのを、

もう一度奮い立たせるには時間が必要だが、

ともかく今年度の授業は3月まで残っているのだから、

健康に気をつけて責任を全うしたいと願っている

夫が他所でもらった菓子を私のために食べずに帰宅

美味しく頂いた



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村