初出勤は分離不安か、、、具合が悪くなる

昨日の夕ごはん

肉じゃが、かぶとじゃこの甘辛いため、なめこの味噌汁、

ざらめ大根、ご飯

夫がなめこの味噌汁を美味しい美味しいと食べていた

なめこ一袋30円ほど

こんなに喜んでもらえるなら、いつも出したいところ

二週間ぶりに出勤したが・・・

今日は私の休暇が明けて二週間ぶりに仕事

帰宅は夕方になるので、朝から夜のご飯をタイマーでセット

スロークッカーにおでんを仕込む

切り身の魚に醤油と酒をかけて下味をつけておく

洗濯を終えて干す

夫が在宅だと自転車のトレーニングスーツもあるので洗濯物が多い

夫は今日まで休暇

私の出勤に合わせて街ナカに出かけ、メガネを作ることになったので、

早めの昼食を摂って家を出発

私はシャワーを浴びて、化粧したりとバタバタと忙しい

化粧をするのは先週健康診断を受けて以来だから10日ぶり

自分の化粧をした顔を忘れた、、、、

夫が途中下車するので私が運転したが、

夫が降りてからなんとなく心臓が苦しい

久しぶりにパニック障害になりそうな感じがする

在宅時ブラをしていなかったので、ブラのせいか、、、、

途中、家に引き返そうかと思ったけれど、

家に戻るのと勤務先に向かうのでは勤務先のほうが近い距離まで来ていたので、

戻らずに向かう

勤務先には早めに到着したので、トイレに行くと、

なんともいえない不安感がなくなる

トイレはより一層管理が厳しくなっていた

勤務先は学校なのでやはりコロナに感染しないかと緊張する

仕事を終え夫と連絡を取り、待ち合わせの場所に向かう

夫のメガネは特別なメガネを注文したので、2週間待ちとのこと

値段も6万を超えると聞いて驚いた

私のメガネは眼鏡市場で作った2万円のメガネだが、

軽くてとても気に入っている

対して夫は当地の老舗メガネ店でしか購入しない

その店は値段は高いが、

仕事が丁寧で、海外の貧しい人々にボラを派遣してメガネを届けているので、

応援している

私も夫が気に入っているので良いと思う

今回はシニアグラスを作ったけれど、なんと前回作ってから9年も経過していたそうだ

夫は良いものを買って大事に使う

そういうところがすごいと感心する

今日は猫が亡くなってから初めて遠出したが、

私は不思議な気もちになった

家から遠くなるにつれ、猫から離れるのが寂しくて不安感に襲われ、

帰路は猫の元へ戻れるので嬉しい気持ちになった

猫の肉体はもう土へと葬ったのに、

私の家にまだ猫がいるような感覚だ

もし雪が深く積もっている時猫が亡くなったら、

動物管理センターに亡骸を持っていって焼却してもらうつもりだった

それがこの時期だったので埋めたわけだが、

埋めたことでまだ猫がそこにいるような感覚だ

骨になっていたら、もっと悲しかったと思う

私がもっと年老いてこの家を去らねばならなくなった時、

お墓を見られなくなることを一番悲しいと感じるだろう

猫は亡くなったことで、今までより強く私とつながったのかもしれない

昨夜猫の遺影を家に飾った

猫の姿は見えないが、猫は私の心の中で生き続ける

今はそう信じている



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援をありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村