苦しみのただ中にいる彼女に・・・

昨日の夕ごはん

回鍋肉、高野豆腐の炊合せ、きゅうりとわかめの三杯酢、

昆布の佃煮、茄子の味噌汁、九穀米入りご飯

今日、週に一度の買い出しなので、昨日は冷蔵庫整理の献立

突然息子を亡くした友人

今朝、スマホをみると友人からメッセージが入っていた

ご子息が亡くなったという知らせ

突然死だったので、遺体を司法解剖

知らせが遅くなったという連絡だった

ご子息の遺影を見た

まだ30代

私の息子と同じ年代

死因は調べてもわからなかった

ただ死顔は穏やかで笑みを浮かべていたという

私に連絡した時間は真夜中だった

眠れぬ彼女を思い涙した

子どもが親より早く亡くなる

それも突然に、、、

別れの言葉も残さず

親としてこれ以上の苦しみがあるだろうか

苦しんで亡くならなかったことが、唯一の慰めだ

彼女にかける言葉も見つからない

彼女が好きだった讃美歌を歌った

彼女に私のありのままの気持ちを書いて送信した

彼女からすぐに同じ讃美歌を聴いていたと返信があった

その言葉を読んでまた涙した

生きていれば、まさかということを何度も経験する

私の母も突然の事故でこの世を去った

今こうして私たちが生きていることは奇跡だ

それは分かっていても、平和な日々が続くと、それが当たり前になり、

生きていることの感謝を忘れる

最愛の息子を失った彼女の気持ちは、同じような苦しみを経験した者にしか分からない

それを思うと安易に慰めの言葉をかけることにためらいを感じる

彼女の心が守られ、生きる力が与えられるよう神に祈る

今日一日を生きて欲しい

明日のことは考えなくて良い

今日という一日一日を積み重ねることで、必ず苦しみを乗り越える力を得る

私は母を失った苦しみからそれを学んだ

凍てついた世界が眼前に広がっている

しかし、寒風に立つこの木々の枝のうちにも新たな芽がはぐくまれ、

春になれば、小さな芽吹きが私たちに力と喜びをもたらしてくれる

母親として試練のただ中にいる彼女に、

どうか今この時を耐えて欲しいと願い、

私は神に賛美を捧げる


最後までお読みいただき、ありがとうございます

下のバナーをクリックして応援をいただけると、とても嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村