味噌作り第二弾/威圧的な高齢者を前に・・・

昨日の夕ごはん

オムレツ、人参と紫玉ねぎのマリネ、小松菜のお浸し、

ごぼうとこんにゃくの甘辛いため、豆腐と青さの味噌汁、

玄米入りご飯

前夜余ったコロッケのひき肉と野菜を炒めたものを使ってオムレツ

朝から味噌作り第二弾

例によって昨夜から大豆を洗い、一晩水にひたしておいた

楽しい楽しい味噌作りの始まりだ♪

前回は取り寄せた生麹で作ったので、

簡単に細かくバラすことができたが、

今回購入したのは「みやここうじ」

上は天塩、下はみやここうじ

「みやここうじ」は乾燥こうじの中では一番気に入っているが、

これを1.2キロ丁寧にバラすとなると気合が入る

午前中夫が在宅だったので、その作業を手伝ってもらった

今回は前回の半量なので二時間で完成

今回は小型の漬物樽に仕込んだので、

端からカビないように端の部分の空気をしっかり抜いて丁寧に詰めた

容器の上部をしっかりアルコールで除菌して終了

生麹で作った味噌とみやここうじで作った味噌の食べ比べができるので楽しみだ

今回たまたま街の糀屋さんが手作り味噌を代理で作ってくれることを知ったので、

その価格を調べると、自分で作る二倍の価格だった

しかし、年老いて自分で味噌が作れなくなったら、

お高くついても依頼するかもしれない

それほど大豆と麹と塩だけで作った味噌は美味しい

このご時世、来年の味噌を仕込み、私に万が一のことがあっても、

夫が美味しい味噌汁を飲めるようにと頑張った (^^ゞ

初めて作る人はこのテキストに少量での作り方が載っているので、

是非挑戦してみてほしい

久々に感じの悪い高齢男性に会ってどっと疲れた

先週はいわゆる「森さん発言」が世を騒がせた

感じの悪いおじいさんだなと思っていたら、

なんと昨日私の仕事場にもそのようなおじいさんが突如現れた

マスクをしていたのでお顔はよくわからなかったが、

年齢は80代だと思う

初対面なのに威張っている

私たちはあえて名刺交換などしないが、

おじいさんは背広から名刺を取り出し私達に渡した

それから、椅子に座ったが、

距離を開けて置いている椅子を勝手に移動

隣の人との距離を縮ませ、

更に足を投げ出して座っている

人前でふんぞり返って座る人を初めてみた

会が終わって皆さんに紹介する時も、ろくに頭も下げず挨拶もしない

その後もあんなことこんなこと非常識な行動

「自分は特別」と思い込んでいて、

他の人の都合などまるでお構いなしという態度であった

それでも、皆大人なので、

そのおじいさんに不愉快な思いをさせないよう、

丁寧に接したが、

正直見ていてとても気分が悪くなった

おじいさんが帰ってから、

「あの座り方、なんだろうね」と話題になったが、

「腰が痛かったんだろう」と思うことにした

年を重ねても謙遜で品があって知性が滲みてで入るような人もいるなかで、

あのようなおじいさんを見ると、

自分が年を重ねることが憂鬱になる

名刺なんか配らなくても、

感じの良い高齢者には黙っていても皆親切にする

あのような威圧的な態度だと、

ますます人が寄ってこないと思う

寂しいからあのような構ってちゃんみたいな行動を起こすのだろうが、

残念な人だ

後からそのおじいさんは他のところにも姿を現したことを聞いた

いろいろな所に出かけていって、

自分は偉いんだと威圧的な態度を取る

それでストレスを解消しているのかも、、、

おじいさんを見て森「元会長」を思い出したが、

人から「それはいけない」と戒められる人はまだ恵まれている

誰からも戒められず、ただ嫌われる人は一番哀れだ


最後までお読みいただき、ありがとうございます

下のバナーをクリックして応援をいただけると、とても嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村

夕ごと日記 - にほんブログ村