夫が最後に放った言葉に衝撃を受ける

昨日の夕ごはん

具だくさんうどん

夫が翌日大腸内視鏡検査を受けるので、素うどんを所望

よって、私は冷蔵庫に入っていたものを炒めて具とした

夫が食べないとなると、こんな簡単な夕ごはん (^_^;)

夫と10年ぶりに行ったところ

一昨日夫が20年ぶりに友人に誘われて山に登った

翌日、一緒に登った友人が撮った写真を友人から見せてもらった

夫はiPhoneを持って登ったのに、

風景以外の写真を撮ってこなかったので、

登山の様子が全くわからなかった

友人の写真にはファッショナブルなウエアを着た仲間が写っていた

その中で夫だけが、地味な服装で写っている

以前、夫と一緒に旅行をした友人が、

夫を「私の恩師に似ている」と言ったことがあった

その友人はスイス人でイギリスの大学を出ている

夫のどこがイギリスの大学教授に似ているのかと聞くと、

「学問以外に興味がなく、ボロボロのバッグを持ってるところ」と言った

要するに一般人から見ると変人ということかと思った

このように夫は服装には全く頓着しないが、

ただひとつロードバイクに関しては非常にこだわっている

夫いわく、

あのウエアを着るとスーパーマンに変身したような気分になるとのこと

たったひとつだけ、

普段とは違う時間を過ごすだけで、

気持ちが充分満たされるというのだから羨ましい

楽しい自転車ライフを送っている夫を見ていたら、

私もまた自転車に乗りたくなってきた

そこで電動アシスト自転車なら坂の多い地域でも乗れるのではないかと思い、

昨日夫と街ナカの自転車屋さんに見学に行って来た

やはり一番カッコいいのはロードバイク

でも、ミニベロと呼ばれる自転車もなかなかおしゃれ

自転車の調整のコーナーには何人もの人が並んでいた

自転車屋さんに夫と来たのは十年ぶり、、、

私が50歳になる年だった

夫がロードバイクを楽しむ姿を見て、私も死ぬ前に一度乗ってみようと決心

LOUIS GARNEAU のロードババイクと、小物やウエア一式を購入した

ロードバイク買って浮かれる当時の私

そのロードバイクも体力が追いつかず、先月20代の知人に譲ったので、

もう乗ることはかなわない

自転車屋さんに所狭しと並んでいる真新しいロードバイクを見ながら、

もう二度とこの自転車には乗れないと思うと、

人生にはその時にしか経験出来ないことがあることをしみじみ感じた

高校の卒業式を終えて帰宅した時、

自分の脱いだセーラー服を見たときの気分に似ている

セーラー服もあの日以来、着ていない、、、、

そして迎えた60代

もう自転車を買うのはこれが最後になるかもしれない

とうとう最後は電動アシスト自転車か、、、

「これから先十年後、もうあなたと一緒に自転車屋さんに来ることはないでしょうね」と夫に言うと、

と夫は言った

ええええっ!

「電動車イス」と言いたかったのか、、、

シニアカーのことだと思うけど、、、、、(;´Д`)

↓Amazonでも売ってました (^o^;)

ともあれ、

コロナ禍でも、今できる私の楽しみを見つけていきたい


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP