愛することを恐れずに/厳しい冬の後にも必ず春が訪れる

昨日の夕ごはん

かぼちゃの団子入りけんちん汁、かぶとカニ風味かまぼこの簡単酢、

里芋のそぼろ煮、お粥

夫がポリープ切除手術をしたので、

昨日もお粥と消化の良い食品の献立を考えた

夫はお粥が嫌いなので、お粥を見てがっかりしていた

私はお粥が大好きなので、とても嬉しい (^^)

毎日お粥でも良いな

お粥はスロークッカーで作ると美味しいです

今日は愛猫の誕生日

今日は私が愛した猫の誕生日

生きていれば18歳

残念ながら、昨年の11月半ばに天国へと旅立った

昨日、家の庭に作った墓を見た

冬の間、雪に覆われていた墓であったが、、、、

1週間ほど前にすっかり雪が融け、

葬った時に植えたビオラが花を咲かせていた (T_T)

猫がいなくなってから、

しばらくは猫のいない寂しさに泣いた

けれども、台所からみえる庭の一角に墓を作ったことで、

猫が近くにいてくれる気持ちがする

あの柔らかい毛を撫ぜたり、

頬ずりできないのは辛いけれど、、、

17年余り共に暮らした猫は、私にとってかけがえのない家族

家族を失うということは悲しいこと

失う苦しさを思うと、愛することが怖くなる

私に残された最後の家族は夫のみとなった

一昨日夫の検査に同行して、

夫の腸に出来た大きなポリープを見た時、

大腸ガンが亡くなった義母のことが頭をよぎった

遺伝なのか、、、

だとしたら、夫はこの病と一生付き合うことになるだろう

検査の前日、心配で一睡も出来なかったことが災いして、

昨日も午前中頭痛で体調が悪く、

夫が出勤した後、ベッドで横になった

一晩眠られないだけで、私もすぐに体調が悪くなる

いつか夫も私のもとを離れ天国へ逝く時が来るのだろうか

その時、私はたった一人で生きていくことができるのかしら、、、

それを思うと不安だ

けれども、猫の墓に咲く花を見ていると、

心にちからが湧いてくる

「どんなに冬が厳しくとも、春は必ずやってくる」というメッセージを感じる

私も60歳の春を迎える

これから先、なにが起こるかわからないけれど、

愛するものを失うことを恐れずに、

天を仰いで生きていきたい

春一番に咲くクロッカスも、空を見上げて花を咲かせた \(^o^)/


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ  


ブログ村の読者登録もご利用ください♡ 夕ごと日記 - にほんブログ村