人に疲れた時に心癒やされることを見つけた

今日の夕ごはん

ハンバーグステーキ、きゅうりとカニ風味かまぼこのマヨネーズ和え、

大根おろしとなめ茸、玉ねぎと大根菜の味噌汁、ご飯、マスカット

時短で玉ねぎのみじん切りをチンして合いびき肉と合わせて作った

玉ねぎを炒めなくてもまあまあイケる

新たな趣味になるか

今日は午前中ミーティングだった

たった2時間ほどだったのに、

終わると疲れてベッドで2時間休んだ

このところ、人の話を長時間聞くととても疲れる

どうしちゃったんだろ

先日、息子夫婦から大量の写真や動画が送られてきた

それを見ていたら孫の姿を描いてみたくなった

手元にあるコピー用紙と鉛筆や筆ペン

スマホの写真を見ながら描く

孫はなにかで見た”帽子をかぶって笛を吹く姿”が印象に残っているのか、

何かを頭にかぶっては笛を吹く動作をする

今回はバケツをかぶり、プラレールのようなものを口にくわえ、

夢中になって音楽を奏でている様子

もうすぐ2歳

赤ちゃんと思っていたら幼児らしい素振りもみせる

絵を描いていると無心になる

中学生の頃、絵描きになるのが夢だった

それは純粋に絵が好きという動機からではない

高村光太郎氏が妻である智恵子さんの様子を書いた詩を読んで、

高村智恵子さんのような「夫に愛される女性」に憧れたのである

それには美大へ行くことだ、、、と中学生になったばかりの私は考えた

しかし、ほどなく高村光太郎のような純朴な男性と結婚すれば良いのであって、

自分の職業は絵描きじゃなくてもいいことに気がついた

あの時、男性への関心より、芸術への関心が勝っていたら、

今頃もっとマシな絵を描いていたと思う

高村光太郎氏のような男性と結婚したいと望んだが、

現在の夫と高村光太郎氏との共通点は、

東北に住んでいたことがある

美男子でない

人の心に関心がある

せいぜいこのくらい・・・

私が混乱に置かれた時、私を詩に残す文才もないし、

私には夫からあのような愛情を注いでもらう自信もない

なかなか思い描いていたようにはいかないもの・・・

けれども、年老いたらあの智恵子さんのように、

手元にあるモノを使って、

身近なものをスケッチしたり切り絵にしたりして、

静かな時間を過ごすことには憧れる

狭い空間で自分だけの世界を浮遊する

憎しみや悲しみから解放され、

自分の手から美を創り出す

なんという崇高な世界だろう

人の通ってきた道には無駄がないと思う

さすれば、中学生の時絵を描いていた続きを、

還暦過ぎて再開するのも良いかもしれない

生活がかかっているわけではないのだから・・・

自分が無心になれればそれで良し

今だからこそ始められる趣味だ

3月下旬に開花した胡蝶蘭

今日新たな蕾の開花が始まった

贈答で頂いてから数年・・・

植え替えて五輪も花が咲くのは初めて!

こちらの五輪なら歓迎だ (•ө•)♡


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP