破れたモノを交換し、破れた関係を修復/買い置きの材料で作った夕ごはん


ランキングに参加しています
応援してくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

ほっけの焼き魚、マカロニサラダ、ひじきと切り干し大根の炒め煮、

大根とニラの味噌汁、雑穀入りご飯、スイカ

今日も買い物に出かけず、

冷蔵庫に入っているもので夕ごはん

ピッタリサイズのカフェカーテンを縫った

朝、何気に目の前のカフェカーテンを見ると、

20センチほど縦に裂けている・・・

10年前に貸していた家に戻りカーテンを取り付ける時、

カフェカーテンをインテリアショップに買いに行ったものの、

既成品でぴったりサイズが見つからず、

手芸屋さんで生地を選び全ての窓の分を自分で仕立てた

だが、数年前から強い西日が当たるところのカーテンが一枚裂け、

二枚裂けと続き、

そのたびに買い置きしてあった同じ生地で縫っては交換

今日でとうとう残り布を全て使い切った

ラスト一枚、緊張して作り始める

古いカーテンで型紙を取る

前回破れた時は、ミシンを出してすぐ縫おうと思わなかったが、

今回は先日ねまきを縫ったこともあって、

フットワークも軽くすぐに取り掛かった

ねまきを縫った記事はコチラ

私が生まれた60年前の雑誌「婦人之友」を読むと、

カーテンは家で仕立てるのが普通だったようだ

きっと今より簡素なカーテンだったのだろう・・・

主婦が家族の服を縫ったり、リフォームしたり、

こうした消耗品をごく普通に縫っている記事を読んでいると、

半世紀以上前の主婦の裁縫スキルの高さに驚く

私もせめて直線縫いで仕立てることができるものくらいは、

自らの手で仕立てたい

というわけで、朝から取り掛かって二時間ほどで完成!(*^^*)

新しいカーテンはさっぱりとして気持ち良い

今度カフェカーテンが破れたら、もう生地がないので、

近々機会を見て新たな生地を買っておこう

我が家の窓のサイズは決まっているので、

型紙を書いて「型紙入れ」に入れておくと、

手仕事がすぐに始められる

何しろ、面倒だと思う仕事は普段から下準備をしておくことが大切だ

”親友”から電話で一時間半通話

カーテンを完成させて、昼ごはんを食べ終わった時、

”親友”からLINE電話

最近、私の身に起こった様々なことを心配して電話してくれた

スマホを持った手が痺れてきたので、時計を見たら、

なんと一時間半も喋っていた

同じ相手とこんなに長電話できるのはやはり”親友”しかいない

電話を切ったら、もう一人の友人からも電話が入っていたけれど、

もうスマホを持つ力がないので、

明日お話することにした

いや、実際仕事以外はほとんど人と話さないので、

一時間半も人と続けて会話していると、口も疲れる

以前”親友”の家に遊びに行った時は、

一晩中お喋りしていたものだが、

今はそんな自信がない

口の筋力も使わねば退化するようだ(^o^;)

親友は言った

「夫には頭にくることも沢山あるけれど、

怒って自分の体調を崩すのも嫌だし、

夫はもうきっとこのまま変わらないのだから、

不満は胸に仕舞って、

私が夫の足りないところをサポートすることにしたの」

親友もこのコロナ禍で夫婦の時間が密になり、

多くの心の葛藤を経験したようだが、

自分の対応を変えることで、

夫婦の時間を穏やかに過ごす術を学んだようだ

私も夫とのあれこれを話すことができた

久しぶりに親友と語らって、

過ごした午後の時間

やはり、彼女と私は何があっても特別な関係なんだと実感した


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP