親しい友人らと互いの夫のプライドに関して分かち合い・・・/今日の買い物

今日の夕ごはん

鶏もものハーブソテー、ほうれん草とコーンのサラダ、

もやしとししとうとちくわの甘辛炒め、白菜の浅漬、

ズッキーニと揚げの味噌汁、雑穀入りご飯

暑いので炒めもの中心の献立

今日の買い物

一昨日、隣のご主人がマムシを駆除してくれたお礼を買いに出かけた

お子さんもいる家庭なので特大のスイカを1玉購入

「また見たら声かけてください」と親切なお言葉

ありがたやありがたや

今日の買い物

3,845円のお買い物

夫のプライドで困ったことは・・・

今日はzoomで親しい友人らでミーティングをした

今日のお題は「夫婦間で夫のプライドで困ったことは?」

Aさん国際結婚、ご主人は英国出身の学者

ご主人はいつ会っても礼儀正しくとてもジェントル

そんなご主人も奥様にはとても厳しく、

彼のこだわりを決して曲げず、奥様ももう匙を投げた状態

「よその奥様にはとても優しいんだけどね」という言葉に、

一同声をあわせて「うちもそうよ」

Bさん、ご主人大学教授

彼も奥様が舅姑のお世話を献身的にこなしても、

なかなか「ありがとう」と言わない

やはりこれもプライドか・・・

Cさんはご主人が現役ばりばりの会社員

子どもが思春期の時、

子どもを指導しなければならないシーンになると、

いつも奥様にその役をさせた

ご主人は子どもに嫌われることをしようとしないのは、

自分のプライドからかと思うと腹が立つ

この話しには皆も強く同調していた

Dさん国際結婚でご主人は学者

現在彼は親の介護で帰国中

言語も性格も文化も違う二人が結婚して30年

20代で結婚した当初は何度も離婚を考えたが、

今は嫌な思い出は消え去り、彼の良いところばかりを思い出すという

離れているので余計男性が家にいてくれることの心強さを感じ、

恋しさが募っている様子

「夫婦でもたまに離れて暮らすとその存在の大きさを感じるわよ」

の言葉が胸に響く

さて、私

うちの夫は自分に非がある場合でも、

絶対に謝らない

初孫が生まれ会いに行くとき、

夫が息子のメールの文を勘違いして、

息子がいない日に飛行機のチケットを購入

ホテルの予約もしてしまった (´;ω;`)

キャンセル代が発生するというので、

息子夫婦にも迷惑をかけるのを承知で、

出発を強行

さすがに息子夫婦には「すみません」と言ったが、

息子にたった1時間しか会えなかった私に対しては、

最後まで「ごめんなさい」を言わなかった

なんて頑なな人・・・と呆れたが、

あれも夫としてのプライドが許さなかったのだろう

そんなわけで、互いの夫についての話しを聞いていたら、

皆同じような生活をしていることに慰められた

いつも思うことだが、

他人の夫は良く見える

どんなに良く見える男性でも、いざ共に生活してみると、

互いの違いに大きく戸惑う

それでも、弱さを受け入れ長く生活するうちに、

夫のプライドの対応法も学び、耐性も養われるようだ

皆の話しを聞き終えて、

最後は「側にいてくれてありがとう」という気持ちになって、

共に過ごした時間を感謝して終わる

そんな人生を送りたいと願った

今日から「シンプルライフ」のカテゴリにも登録しました

どうぞよろしくお願いします m(__)m


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP