試練は心を磨く~今まで生きてきて最も辛かった出来事を聞いて/今日の買い物


ランキングに参加しています
応援してくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

鶏の唐揚げの甘酢あんかけ、豆腐(じゃこ山椒)、

モロッコいんげんとトマトのサラダ、ザーサイ、

ズッキーニとモロッコいんげんと揚げの味噌汁、ご飯

冷凍しておいた鶏の唐揚げを解凍して主菜にした

感謝なことにモロッコいんげんが豊作

茹でて毎日消費している

今日の買い物

今日は爽やかなお天気だったので、

久しぶりにクロスバイクで業務スーパーに買い物に出かけた

業スーは2回目

この種抜きデーツは、

夫がトレーニングをする時のカロリー補充のため購入(1袋160円)

むき枝豆は初めて購入(203円)

納豆や大豆以外の豆を食べたくて買ってみた

自転車で坂を上って帰宅することを思うと、これしか買えない

久しぶりなので6%の上り勾配で息が上がった(;´Д`)

合計928円のお買い上げ

今まで生きてきて最も辛かった出来事を聞いた

先日友人らとZOOMで話す機会があった

今回は今まで生きてきて最も辛かった出来事に話しが及んだ

70代L子さんは40代の時、突然最初のご主人を病気で失った

最愛のご主人を失った哀しみに加え、

まだ学齢期の子ども二人抱え、

この先どう生きていけばいいのかと愕然としたという

とにかく仕事を探し、夢中で働いた

ご主人が設計した家の前庭の雑草を取る時間すらなく、

必死に働き子どもが大学生になった時、

子どもが留学した国で知的で優しい男性と知り合いプロポーズと受け再婚

今は毎日幸せを感謝する日々だが、

いつも亡くなったご主人のことを思い出し、

思い出のモノも辛くて見ることができないという

M子さんは親友の死

いつもM子さんを励ましてくれた親友が、

ある日突然自死を遂げた

M子さんは、そのことを話しながら、

自分は何か力になることはできなかったのかと涙を拭った

C子さんは愛嬢の死だった

その子は生まれて1週間で突然亡くなった

当時C子さんはご主人の留学先で海外にいた

誰も知った人がいない地で、

小さな亡骸を抱いた時の哀しみは今も癒えないままだ

D子さんは、母親の死

母親はまだ50代で癌で闘病の末に亡くなった

母親にとっては姑の高齢の祖母がいたので、

D子さんは幼い子を抱えながら、

母親を看取り、その後祖母の介護も担った

D子さんは母親の亡くなった年齢を越えたが、

今でも息子や娘家族のことで、悩みは尽きない

私が最も困難だった時は、

息子が原因不明の病に倒れた時だ

まだ13歳

しかもその数ヶ月前にこの家を出て東京に転居したばかりの時だった

病名もわからず治療法もなく、

ただ衰弱していくのを見るだけの地獄の日々

私の命を差し出しても息子を助けたいと願った

それから7年ほど後になって、母が信号無視の車にはねられ亡くなった

今でも母に最期「ありがとう」と言う時間が与えられなかったことが辛い

試練は心を磨く

五人ともそれぞれが大きな苦しみを味わった

その苦しみは私たちの心の奥底から消えることはないだろう

けれども、その苦しみは一方で私たちの心に「考える」力を与え続ける

苦しみは、私たちを高慢から守り、

他の人の哀しみに寄り添う力にもなる

試練にあったことを通して、

今まで見えなかった世界が見えてくる

生きることには苦しみが伴う

その時、同じ苦しみを経験した友人が側に寄り添ってくれることは大きな慰めだ

苦しかったことを正直に言える仲間に恵まれたことが嬉しい

ドン底の苦しみを味わった人は「頑張れ」などとは決して言わない

試練は人の心を磨

今回の経験を通して、私はそれを確信した


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP