どん底から這い上がった彼の人生を変えた「母の言葉」


ランキングに参加しています
いつも応援してくださりありがとうございます(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

ホタテのカレーライス、サラダ、梨(食後)

どん底から這い上がった彼の人生を変えた「母の言葉」

今日は午後から学校で授業をする日なので、

昼ごはんを食べてから出かけようと思っていたら、

夫が午前中出勤しなければならない用が出来たと言うので、

急遽朝夫の運転手を務めることになった

学校の仕事まで時間があるので、夫を送ってから、

ボラ先に立ち寄ると、元ホームレスだったAさんが来た

Aさんは自分が立ち直りアパートで生活できるようになってからは、

ホームレスの人々を支援する活動をしている

そのAさんがいつもとは少し様子が違う

以前、彼のアパートに泥棒が入り、

複数の住人のおカネが盗まれた事件があった

犯人は同じアパートの住人だったことは聞いていたが・・・

話を聞くと、

彼は次にお金が入るまで所持金が尽きてしまい、

これから1週間食べるものを買うお金がないということだった

しかし、ボラ先ではどんなケースであっても、

食べ物は差し上げることはあっても、お金を貸すことは禁じている

Aさんとはもう何年もホームレス支援の活動を共にしている

そこで、彼が提示した1週間分の食費分の食料をこちらで買ってレシートを渡し、

1週間後お金が入ったらすぐにその金額を返済する約束をした

彼が提示した1週間分の食費の金額

それは2,000円だった

そしてその買い物は私が担当することになった

彼が食事を整えるために持っている道具は、

冷蔵庫と湯沸かしポットとパンを焼くオーブンのみ

電子レンジやコンロ類はないという

そこで、今回はカップ麺とパンを買うことにした

買ったもの

カップ麺1,000円分

一日カップ麺1個で7個購入

パン1,000円分

今回とてもラッキーだったのは、

タイミング良く、全て半額のパンが買えたこと

合計2,047円

パンは一日1袋ちょっと食べられる

冷蔵庫があるというので、

賞味期限が近くても冷凍保存すれば良いだろう

このほか、インスタントコーヒーや缶詰があったので差し上げた

しばらくしてAさんが食品を取りに来た

私は学校へ出掛けていて会うことは出来なかったが、

応対した人によると、たくさんの食品を見て感激していたそうである

その話を聞いて、私もとても嬉しかった

夕方になって仕事を終えて帰宅する途中、

Aさんが話していたことを思い返した

Aさん自身なぜホームレスになったのか理由はわからぬが、

元はワルだったそうである

その彼が支援の手を借りて自立できるようになったとき、

亡き彼の母が彼に「お前も死ぬ前には、一つくらいいいことをして死になさい」

と言ったという

彼はその言葉に従い、

自分がホームレスを助ける働きをしようと決心

実際彼はこんな事件に巻き込まれるまで、

ホームレスの人たちの話を聞いて、

食べ物を配ったり、話を聞く働きをしていた

せっかく、善意の気持ちで奉仕をしていたのに、

同じような暮らしをしている人にお金を盗まれた

彼の気持ちを思うとやるせない

しかし、彼のお母さんが彼に言ったひと言が、

その後の彼の人生を変える言葉になった話は心に沁みた

「人のために生きろ」と言ったお母さん

それは世話になった人への恩返しという意味もあろうが、

彼女も他者のために自分を捧げる喜びを知っていたのだろうとも思える

自分が生きていることで、

ほんの少しでも誰かの力になれる

それは自分自身の生きる力となる


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  
日記・雑談ランキング

読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村

PAGE TOP