結婚式の長い一日が終わった

昨日の夕ごはん

ニシンの開きとトマト、
カニ入りかまぼこの汁物、
さつまいもこ塩昆布のご飯、


昨日はひとりご飯の日だったので、
昼ごはんと夕ごはん用に
さつまいもご飯と汁物を作り食べた

披露宴のクライマックス!両家代表の挨拶

いよいよ息子の結婚式の記録も最終回となった

今日は両家を代表しての夫の挨拶に関して綴ろう

息子が手紙を読み終え、夫が両家を代表して挨拶

夫は自己紹介の後、招待客に向けて先の台風の被害にあわれた方にも配慮して、式に出席してくださったことへの感謝の言葉を述べた

新婦の実家も川から溢れた水がすぐそこまできたと聞いていた

列席した方の中にも、もしかしてなんらかの被害にあった方もいらしたのではないかと思う

もし、式がもう少し早ければ息子たちも結婚式を挙げることができなかったかもしれない

こうして式が挙げられただけでも感謝なことである

続いて夫は祝辞を頂いたことに感謝を述べ、

その際来賓である息子の上司が息子にはルーズな面があると言ったことに触れ、

「それは私に似てしまったと思うので、どうかこれからも指導して欲しい」と頭を下げた

これに関しては、後日私の姉が

「あの上司はなんなの!結婚式であんなこと言うなんて失礼ね」と不快感をあらわにしていたが、

私はそうは思わない

結婚式で有頂天になっている時に高慢にならぬよう指導してくれたのだから、

息子には相応しい上司だと思う

ただ息子が彼の地に転勤してからの年月を一年長く認識されていたのが残念だった

それでは息子が離婚する前に新婦と出会っていたことになる

そんなことをいちいち計算する招待客はいないと思うが、

母親としてはどうしてもナーバスになる

話を夫の挨拶に戻そう

夫はひと呼吸おいてから神妙な面持ちで言葉を続け、

先程息子が読んだ手紙の内容に触れ、

息子が重い病で床に伏せていた時、死をも覚悟し、

また助かっても人並みの人生を送ることは難しいと諦めたことを述べた

それなのに、その息子が今日こうして愛情をいっぱい受けて育った新婦を伴侶として迎え、

また孫まで与えられたことに触れ、このような恵みを受けられたことに深く感謝していることを伝えた

そして最後に私たち親もそうであったが、人生には乗り越えられない壁に突き当たる時がある

その時是非ここにいる皆さんの助けをお願いしたいと深々と頭を下げ、

慣れない宴席で失礼があったなら二人の宴席に免じてお許し願いたい、

最後に皆様の神様からの恵みと祝福があるよう祈りますと結んだ

私は結婚式では息子が闘病していたことに触れないのではないかと思っていたが、

息子も夫もそのことにしっかり触れていたことが嬉しかった

結婚式はお祭り騒ぎで、明るく陽の部分を演出しがちだが、

それでは人生の一面しか表現していない

生きることとはもっと深く重みがある

良いことばかり演出するのではなく、

負の部分も知って頂き、周りの皆さんにどうか見守ってくださいと伝える場があったことは、

これから新たな歩みを始める二人にとって必要な時であったと思う

そういう意味で夫から皆さんに挨拶をしたことで、

親として最後の任務を果たすことができたと感じた

夫が挨拶している間、会場のあちこちからすすり泣く声が聞こえた

私も泣いた

会場には医療関係者も多数いらしていた

病気だった息子が何人もの医師の助けを受け、いのちを救ってもらい、

成長し今度は医師となって病の人と向き合っている

神という方はほんとうに奇しき御業(くすしきみわざ)を為さるお方である

日々医療の現場で頑張っておられる方々に、

息子が生かされたことの感謝を伝えることができたことが一番嬉しかった

結婚式が終わり、息子夫婦と新婦の両親に挨拶して私たち夫婦はビジネスホテルの狭い一室に戻った

夫は疲れた表情でベッドの片隅に座っていた

私が「今日の挨拶は150点でした」と伝えると、夫の顔は恥ずかしそうに笑った

私たちの長い一日が終わった


今日も読んでくださりありがとうございました

ランキングに参加しています

こちらでポチポチ応援してくださると更新の励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

結婚式の長い一日が終わった” に対して1件のコメントがあります。

  1. kaorin より:

    こんにちは♪
    改めまして息子さんのご結婚おめでとうございます。
    お雪さんご夫婦もおつかれさまでした。

    ご主人の息子さんご家族を思いやるあたたかいスピーチにこちらまでほろっとしました。
    まさに親心…ですよね。

    離れているところにいても、やはり家族は繋がっているのだな、と思います。

    親というものはいつまでも子供の幸せを願うありがたい存在です。

    息子さん、そしてお嫁さんにもお雪さんご夫婦のお気持ちがしっかり届くといいですね。

    息子さんに幸多からんことをお祈りしてます。

    1. お雪 より:

      kaorinさま
      こんにちは
      お祝いのおことばをありがとうございます

      夫は結婚式の直前まで忙しく、
      彼の地に到着してから挨拶の言葉を考えていましたので、
      とても心配しましたが、
      無事に式が終わって肩の荷がおり安心しました

      これからは二人力を合わせて温かな家庭を築いてもらいたいです
      お祈りありがとうございます

      温かいコメントをありがとうございました

  2. なごみ より:

    読みがら 涙がこらえられませんでした。本当におめでとうございます。親としての皆様への挨拶 150点ですね。信仰を持たれている方の強さを感じました。どうか若いお二人がご両親に親孝行するという自立をきっとなさると信じます。どうかお嫁さんが嫁ぎ先の家風を受け入れて 幸せでダやかな家庭を作り上げられますように 他人事ながら 心の底からおいのりいたします。おめでとうございました。お疲れがでられませんように…。

    1. お雪 より:

      なごみさま
      長く拙いブログを最後までお読みいただきありがとうございます
      からし種のような小さな信仰で、信仰者とは程遠くほんとに恥ずかしいです
      うちにはこれといった家風もないので、
      若い二人には自分たちにあった生活をしてもらいたいと思っています
      篤いお祈りを感謝します

      いつも温かいコメントをありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です