疲れて夫と口喧嘩に

昨日の夕ごはん

とんかつ、野菜盛り合わせ、
ぶどう豆、ほうれん草の胡麻和え、
小女子の佃煮、
水菜とエノキの味噌汁、
六穀米入りご飯

とんかつを揚げたものの、
疲れて半分しか食べられず

昨日三つの会議をこなしたが、

その後も家で書類を作ったり、

今日の仕事の準備をしてシャワーをしたところで、

力尽きオルガンの練習もしないで床に入った

外では最後の紅葉が色鮮やかに街を彩っているのに、

仕事が詰まっている日は、

朝の移動時にチラリと視界に留めるのみで、

一日中室内で人の話に集中

気がつくと外は真っ暗で、疲れ果て一日が終わる

「人間は食って、排泄して、寝るだけさ」と、かつて働き盛りの男性が自嘲気味に口にするのを聞いたことがあるけれど、

このような日が毎日続くと、私もそんな気持ちになってくる

一日に一時間でも外の空気を吸い、

ぼうっとする時間がないと魂がなくなる気持ちになる

昨夜は私がうとうと寝ようとしている時に夫が寝室に来た

そこで、うちの和室を将来どうしようかという面倒な話題になり、

私が言った提案に対してこれまた仕事で疲れていた夫が、

「あなたの父親なようなセンスのないアイデアを言うのはやめてくれないか」と忌々しそうに私に言ったことから、

ちょっとした口喧嘩に発展

私は、以前私が同じように夫の父親をけなした時、互いに言い合いになり、

今後は互いの親のことを悪く言うのは止めようという約束をしたのに、

約束を破るとは何事かと夫に詰め寄った

夫は「ああそうでした、ごめんなさい」と謝ったけれど、

その言い方がぞんざいで腹の虫が治らず、

怒ったまま寝てしまった

今朝起きてから、夫に申し訳なく、

夫は不機嫌かと思ったら、

何事もなかったかのように「おはよう」と声をかけてくれたので、

私も機嫌よく挨拶を返した

本当に人から許されるということは

なんと感謝なことだろう

疲れていると些細なことも許せなくなり、

相手を責め、自分も落ち込む

しかし、そこで相手が許し受け止めてくれることで、

こちらも素直に自分の過ちを受け入れることができる

私も他人のちょっとした物言いにイラつくことがあるけれど、

相手の次元でかかわるのではなく、

もっと大きな器で受け止めることができるようになりたい

今日はこれから大切な仕事がある

常に人と関わることが多い仕事なので、

毎日多くの言葉を耳にする

傷つくこと、苛立つことも多いが、

少しでも自分を解放して深呼吸する時間を持ち、

言葉に振り回されることなく過ごすことができるように

そして、相手の辛さ、痛みを受け止めることができるように、

今日はそのことを心に留めて過ごしたいと願う


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ  


ブログ村の読者登録もご利用ください♡ 夕ごと日記 - にほんブログ村

疲れて夫と口喧嘩に” に対して2件のコメントがあります。

  1. なごみ より:

    謝られたご主人様は素晴らしい。なかなかできません。私には。家族からは「絶対に非を認めない」という有難い落胤を頂いています。私のこれからの人生の課題です。許されるということは 本当に 心の平安が得られますね。

    1. お雪 より:

      なごみさま
      夫を褒めてくださり、ありがとうございます
      これからの人生で課題を克服できますように、、、、
      陰ながらお祈りします
      許される経験ができたことを感謝したいと思います
      私も人を許すことができるようになることが私の課題です
      いつも温かいコメントをありがとうございます

コメントは受け付けていません。