外出自粛でモノを考え方が変わった

昨日の夕ごはん

ビーフカレー、福神漬け、大根と新玉ねぎとツナのサラダ、みかん(なつみ)

ビーフシチューをしたとき残しておいたすじ肉を使ってカレー

大根の在庫がだぶついてきたので、サラダにした

食材をすべて生協の宅配にしたら、予定通り消化しないと食材がだぶついいてしまう

これから一週間は大根を毎日食べるように工夫せねば!

本日のハンドメイド〜座布団カバー

昭和31年に出版された婦人之友を読んでいたら、

使い良い座布団カバーを公募した結果が載っていた

わが家の食卓イスの座布団は15年以上前にニトリで購入したもの

何度も洗濯したのでヨレヨレだ

そこでスポンジのクッションを購入して新たにカバーを作ろうと思ったが、

適当なものがない

そこで、使用していた座布団を思い切って切り開き、

中の綿を取り出して洗濯

干している間にバザーで購入していたエンジのフェルトのような厚めの生地で、

カバーを作った

今回は婦人之友で紹介されていた作り方を参照

袋状に縫って端はスナップボタンで止め、

カバーを簡単に洗濯できるようにした

綿はへたっていたのでキルト芯をかぶせてクッション性を向上させた

とりあえず私と夫の二人分

亡き母が嫁入りにもたせてくれた座布団

夫が使用する分は先日クロスステッチを施してカバーを作った

今回私の座布団用に食卓イスのカバーとお揃いにして作った

この椅子はスタイリッシュだが、

座布団をしたほうが座り心地が向上する

無地なので部屋のインテリアにも馴染んでいる

こちらもスナップボタンでカバーの洗濯が簡単に出来るようにした

昭和30年代の婦人之友を読んでいると、

何でも買わずに工夫して作ろうという気持ちになる

当時から物の持ち数を数えよう、とか、時間の使い方を調べようなど提案していて、

物や時間の使い方に工夫して経済を考え、

お金をかけなくても豊かな時間を過ごせるように指導している

今読んでも充分刺激をもらえることに驚く

新型コロナウィルスの問題で外出自粛となったことで、

私も在宅時間が増え、家にあるものを利用してそれを自らの手でカタチにしてきた

おかげで私の身の回りは数々の手作り雑貨に囲まれ、

使い古していたのものが新しく作り変えられ、

より気持ちの良い生活へと変化を遂げている

この引きこもりの時期に昭和30年代〜50年代の婦人之友のバックナンバーに出会い、

とても充実した時間を送ることができたことに感謝したい

「試練の時は先人がどう生きたかを見よ」というメッセージをある本で読んだことがきっかけで、

古い雑誌を読んでみようと思い立ったが、

それは私の生活を見直すチャンスとなった

テレワークで空いた時間

もっぱらバックナンバーの読書に費やしては過去を検証している

次々と新たな物を購入し消費を続ける社会に生きてきた私だが、

あるものを工夫して作り出し大切に使う素晴らしさに目が開かれた思い



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村