短いメールのやり取りにも人間性が現れる件

昨日の夕ごはん

ポークチャップ、ナスの油炒め生姜味、きのこ類のきんぴら、

キャベツと小揚げの味噌汁、九穀米入りご飯、ぶどう、

六花亭のお菓子

最近、フリマサイトに本を出品するために大量の写真を撮っている影響なのか、

夕ごはんの写真が見つからない、、、(・.・;)

不思議だ

写真は昨日の残り物で用意した今日の昼ごはん

(手前に野菜炒めが加わっている)

今月はもう食品の買い物に行きたくないので、

冷蔵庫に入っている材料で乗り切るつもり

久しぶりに知り合いの殿方からメールがきた

このところ、家を売却した友人の不用品をフリマで売る作業に忙しく、

Facebookをチェックしていなかった

昨日、ふと思い出し見てみると、

同年代の殿方から2週間ほど前にメールがきていた

内容は暗い顔をしたスタンプとともに、

私の故郷で起こった暗いニュースを伝える新聞記事の写真

そのニュースは私もニュースで読んだ時、

とても悲しく、恥ずかしい気持ちになった

しかし、私の友人で私の出身地を知っている人は、

私が悲しんでいることを察して誰もその話題には触れなかった

それが、彼は新聞を読むなり私に知らせてきたのだった

暗い顔のスタンプとともに、、、

私はメールに気が付かなかったことを詫び、

この記事を読んで悲しく情けない気持ちになったことを記し、

このメールで完結したかったので、

「暑さが続きますので、ご自愛ください」と書いて返信

するとすぐに、

その事件の当事者に対する怒りの文章とともに、

今度は怒っている顔のスタンプが返ってきた

私に対して怒りに同調して欲しいのだろうと感じるが、

このメールを見て、この男性のデリカシーのない態度に失望した

彼は知性もあり、社会人としても立派に責任を果たしている

しかし、個人的に男友達の一人として見た時、

なにかこの男性の男としての本質を見たような気持ちがした

ひとことで言うなら「器が小さい」

故郷で起こった悲しい問題に心を痛めている者の気持ちを察することができないとは、

もう還暦も近い年齢になって、

人として成熟していないと感じた

彼の返信と怒りの顔のスタンプに対して、

私は返信せず、スルーした

このことを夫に話すと、

夫は「あなたがそのように感じたのは正しいかもしれないが、

それを口に出して、彼を避難するのはいけない

それでは彼と同じになってしまうよ

そこは思っても口にしないのだ

怒りの感情を聞いたものが不愉快になるから」と言った

それを聞いて私も反省した

人をけなすのはよくない

私は彼にどんな対応を期待したのか、、、

「故郷の問題に驚いていることでしょう

この問題が早期に解決されるといいね」と言った慰めの言葉だろうか

ふとした言葉にその人の人間性が現れる

私もそんな失敗をしていないだろうかと、

考える時間になった



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援をありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村