魔が差したかのようなミスを犯しメゲる

昨日の夕ごはん

鮭のふりかけご飯、がぼちゃの醤油煮、ほうれん草の胡麻和え、

大根と揚げの味噌汁

友人らとランチ会をしてお腹が満たされたので、

私の夕ごはんは簡単にして、夫にはこれにお刺身を加えた

フリマサイト初の取り引きキャンセル事案発生

昨日「家を売った友人」に会った時、

彼女が私に着ないかと言って、不用になったシャツ・ブラウス三枚を持ってきた

私はもう服がいっぱいでこれ以上増やす気持ちがないので、

すぐに同席していた親友にも見せたが、

親友も娘さんからこれ以上モノを増やさないように厳命されている

それで、二人ともお断りしてフリマサイトで売ることにして私が持ち帰った

今朝になってチェックすると、三枚のうち2枚は汗ジミがあり、

商品にならないことが判明

残り一枚は大丈夫だったので、格安で出品するとものの5分で売れた

そこで、梱包作業に取り掛かったところで、

なんとしたことかこの服にも汗じみを発見、、、、

このまま売るわけにはいかないので、

すぐに取り引きキャンセルの申請をした

売れてからキャンセルするなど初めての経験である

キャンセルの手続きを読むと、複数回取り引きをキャンセルすると、

ペナルティがあることが記されていた

当たり前だ

今回はキャンセルしてもらえるかもしれないが、

もう二度とミスは許されない

ほんとうにショック

なぜ見落としてしまったのかと考えた

友人が私に着て欲しいと言って持ってきたので、

そういうシミなどは事前にチェックしていると思いこんでいた

結果三点すべてが汗じみ付きだったということになったのだが、

友人はそれと知っていて私のところへ持ってきたのだろうか

私が人に服を譲るときは、事前によくチェックして洗濯をしたものを差し上げる

しかし、彼女はおそらく自分のクロゼットに入っているものを、

そのままチェックしないで袋に入れて持ってきたのだろう

汗ジミを見つけたら、

普通は洗濯をして、それでも取れなかったら人にあげないと思う

つくづく自分の常識と人の常識は違うことを心に刻んだ

先日も彼女から譲り受けた不用になったコートをフリマで売ろと検品して、

虫喰いを発見

これは事前に見つけたので、説明書きに記し、

お客様が納得の上で購入した

私も目が悪くなったので、商品の検品は午前中明るい部屋ですることにしている

それなのに、今日の商品は柄物だったので光線の加減で気が付かなかった

もう彼女が所有していた衣類の販売はやめようと思う

衣類の販売は本当に難しい

以前、フリマサイトでコートを購入したことがあった

「目立つ傷や汚れなし」との表記だったが、

傷や汚れはないものの商品はとても色あせてヨレヨレだった

写真だけではわからないので、勉強代と思って我慢したけれど、

モノの印象は個人によって差があることを学んだ

今回とは逆に出品者から取り引きキャンセルの申請を受け取ったこともある

それは、夫用にと買った皮の手袋であった

出品者が発送しようとしたところで、

その手袋が左右違う製品であることに気づいたという

その商品も親戚から譲り受けたモノだったということで、

出品者自身の持ち物ではなかった

夫の運転用の手袋として使いたかったので、

結局、その手袋は格安で再出品してもらい購入

こんなケースはまれだろうが、

自分自身がキャンセルされた経験があるので、

たくさんの取り引きの中にはこんなケースもあるだろうと思う

ともかく、今回のことは「家を売った友人」にも話そうと思う

とても親しい間柄なので、

あまり気を使わずにモノをくれたのだと思うが、

やはりすべてが汚れていたとなるとこちらもあまり良い気持ちはしない

「親しき仲にも礼儀あり」とはよく言ったもの

私も今後の人生で気をつけていきたいと思う



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村