呆れる電話、そのあとで・・・

昨日の夕ごはん

麻婆豆腐丼、かぼちゃの甘煮、小松菜とじゃこの甘辛炒め、アボガドのサラダ

なかなか白米抜きのメニューに戻らない

しかし白米の量は以前より4割は減らしている

体重はほんの僅かだが減少傾向

チョコレート断ちをしていたが、

実は昨日ストレスでご法度破りをしてしまった

その理由は。。。。。

呆れた”姉からの電話”

昨日、忙しくしていると家の電話がなった

実家の姉からだった

「お雪ちゃん、あなたウエストのサイズM?」と突然の問いかけ

Lだと答える私に、なんでLなんだ、Mはだめかと言う

なぜそんな質問をするのかと聞くと、、、

「先日はたくさんお香典もらってすまないね」と前置きしてから言うには、

先日ネットで購入したスカートが思っていた色と違うので、

返品しようと思ったけれど、

私が送った両親の香典のお返しに、

私に送ったらいいのではないかと思ったからだという

私はサイズが違うし、スカートもはかないので要らないと断った

すると「Lなんだ、太ってるね」とか、

「スカートはかないんだ」と、はかないことがいけないことのような言い方

不愉快な気持ちになってきたので、

そそくさと話しを切り上げたが、

その後しばらくもやもやとした気持ちを引きずった

大体普通、香典返しに自分が返品するものを送ると言うだろうか

これが「自分が気に入っているスカートがあるんだけど、

アナタにも着て欲しいからプレゼントしましょうか?」と言うならわかる

それが、「気に入らないスカート」と言いつつ、

「香典返し」におくるとは、、、、

しかも、サイズのことまで意見して、、、、、

それで、私はチョコレートに手を出してしまったのだった

しかし、チョコを一口食べた後、私は更に落ち込んだ

せっかくダイエットに励んでいたのに、

こんなことぐらいで誘惑に負けるとは、、、

はたと我に返り、またチョコを片付けた

私はなぜあの姉にこんなに反応するのか

他人だったら、「おかしな人」で片付けて、すぐ忘れる

それが姉だったら、過剰に反応する

こんなおかしな人が自分の姉だということは、

私にもおかしな部分があるんじゃないかと不安になるからだと思う

ここに何度か書いているが、

姉の家の跡取り息子のお嫁さんは、

この正月に子連れで家を出てしまった

姉夫婦が息子夫婦のために家を建てて迎え入れたにも関わらずである

お嫁さんはそれほど姉とのやり取りが耐えられなかったのだろう

実の妹である私から見ても、姉は大変常識のない人だと思う

両親亡き今、

もはや姉に対して「アナタここがおかしいよ」と注意する人は誰一人存在しない

私は思い切って姉に注意したほうがいいか夫に相談してみたが、

夫の「もう言っても直らないよ」のひと言で止めた

昨日は私もアタマに血が上ってしまったが、

今日になって、

姉の言動は私の他人に対する行動を振り返る機会になると思えるようになった

人のフリ見て我がフリ直せ

自分というニンゲンも案外、常識のない行動をしているのではないだろうか

不安になって夫に私も変じゃないかと聞いてみた

夫はニヤリとして言った

「さあ、私も変人ですから、わかりませんね」

ただ、、、と言って続けた

「変じゃないかと不安に思うってことは正常じゃないかしらね

自分は大丈夫と思う人ほどアブナイね」

なるほど一理ある


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP