最期の時、家族に遺す言葉/床ワックスがけ・靴の持ち数減らし


ランキングに参加しています
応援してくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

麻婆茄子丼、ポテトサラダ、冷奴とモロッコいんげん、

もやしと茄子の味噌汁

今日も暑いので短時間で出来る献立に(•ө•)♡

今日の家事:床ワックスがけ・靴の持ち数減らし

コロナ感染爆発の怒りのエネルギーをお掃除へ!のスローガンのもと、

毎日予定表に沿って掃除に励んでいる

今日のお題は洗面所の棚整理だったが、

1週間見間違えて先週の課題をした(^o^;)

先ずは床のワックスがけ1〜2階、階段

ついでにドア6枚を家具磨きで拭いた

勢いに乗って靴箱整理

重曹をお茶の紙パックに入れて靴箱へ

これで嫌な匂いが取れることを期待

履かない靴は処分

MaxMaraのパンプスやエルメス風のサンダルはいただき物

リサイクルショップに持っていっても、10円だの100円の世界だったので、

捨てることにした

これで私の靴は、

春秋7、夏サンダル2、冬ブーツ4の計13足になった

これからは、いのち優先で、

非常時すぐに対応できる、歩くための靴を常時履く

この靴の元持ち主である友人に、

このような高いヒールでのお出かけ時の様子を聞いたら、

タクシーで目的地まで行き、歩くことは想定していないと言っていた

私はタクシーを利用することは滅多にないので、

私の生活スタイルとは合わない

よって処分

頂いてから10ヶ月ほど経ってやっと処分と決めたのも、

この靴の購入価格を聞いてしまったから・・

高価な靴なのでもったいないと残したが、

結局履かないものを取っておくのはやめた

最後は玄関に庭の花を飾っておしまい

最期の時、家族に遺す言葉

親友お勧めのドラマ”らいおんのおやつ”第五話を観た

主人公が最期に家族に語る言葉を聞いて、

私も自分が亡くなる時のことを考えた

私の父は亡くなる数時間前まで意識があり、

私と夫が見舞いに行くともうこれが最期とわかっているかのように、

私と夫の手を取り、自分の前で重ねながら、

「あんたたち、わしが死んでもずっと仲良くしなさいよ」と言った

「わかった、わかった仲良くするよ」と言ったが、

今朝も、夫の「それくらいやってくれてもいいだろう」という言葉が癇に障り、

「それくらいとはどういうこと?

こんなに家のことをやっているのに・・・」と言い返した

このところ家事に励んでいるけれど、

それは、コロナが蔓延して医療崩壊が起きるのではないか、

という不安を忘れるためである

夫はもっと家を綺麗にしろとか、

美味しいものを食べさせろなどという意見や要求は一切しない

私自身が勝手にしているのに、

イライラを夫にぶつけたことを思い出し、

夫に申し訳ない気持ちになった

それも、父の遺した言葉がきっかけである

私に将来死が迫った時、

別れる家族にどんな言葉を遺したら良いだろう

私も父のように苦しみの床にあっても、

家族の幸せを願う言葉を遺して逝きたい・・・

お父さん、ありがとう


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP