悩ましい「兄嫁さま」との関係


ランキングに参加しています
いつも応援してくださりありがとうございます(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

ほっけの一夜干し、おでん、白菜の甘酢炒め、なすのうまいうまい焼き

ほうれん草と揚げの味噌汁

なすのうまいうまい焼きはこちらのレシピ参照

クックパッド

悩ましい「兄嫁さま」との関係

夫と夫の兄とは年が十歳違う

兄嫁さまは義兄より何歳か年下なので、恐らく60代後半だと思う

その兄嫁さまから、

新年明けてから頻繁にLINEが来るようになった

それ以前は、年に一回

新年の挨拶時か、年末に来るのが定例

昨年はこんなこともあった

それが、年末年始にかけて、多い時は日に何度もLINE

時には事前の伺い無しに突然電話

さすがにその時は、「仕事中です」とお断りしたが、

その後もLINEは続いている

そのLINEの内容だが・・・

ある時は、私の息子から届いた年賀状の息子夫婦の服に関しての問い合わせ

「〇〇くん(息子)はいつから洋服に凝るようになったの?」

この質問は電話に出られなかったので、

「何かありましたか?」という私の質問に対してのメールである

こんなことをわざわざ日中に電話して聞いてきたことに驚いた

たしかに今年の息子夫婦の服装は、

兄嫁さまには奇抜に見えたかもしれないが・・・

五年ほど前、義母が亡くなる直前に義兄から夫に電話がきて、

「うちの奥さんを怒らせるな

誰のおかげで進学できたと思っているのだ」と言われた

夫は実家が農家で現金収入が乏しかったので、

奨学金の他に成人して働いていた義兄から学資の支援を受けていた

そのことの恩を忘れるな、ということなのだろう

そのことに関しては、夫と義兄の間に複雑な感情があると思う

義兄は長男ということで、

義両親は財産を処分しても義兄の学費を調達した

対して夫は次男なので、両親は全財産を長男にゆずる代わりに、

きょうだいの面倒をみることを求めたのだと思う

義兄がそのことで兄嫁さまに弱みを持たれることになった事情はよく分かる

夫は遺産相続の権利を放棄したことで、

貸し借りはないと判断しているようだが、

やはり夫がお世話になったことに変わりはないので、

私も兄嫁さまに対しては、敬意を払ってお付き合いしているつもりである

息子の服装云々に関しても、

もう自立して別の世帯を持っているので、

話題にされてもなんとも答えようがない

「自立してから服に興味をもつようになったようです」

としかお答えできなかった

それで一件落着かと思ったら、

それから次々と動画や長いLINEがくるようになった

すべてこのような類の動画である (-_-;)

最初は「面白いですね」などと一言返していた

返信は翌日に時間を置いて返していたが、

それでも次々来るので、

失礼とは思ったけれど、スタンプでお返ししたが、

今日また来た・・・(´;ω;`)

兄嫁さまゆえ無下にはできない

同じスタンプを返すことにしよう

まさかこの歳になって、

兄嫁さまからのLINE攻勢で悩むとは思わなかった

夫が世話になっていなければ、

正直に「忙しいのであとで見ます」とか、

「申し訳ありませんが、あまり興味がありません」と返信したかもしれない

夫と結婚して37年になるけれど、

兄嫁さまとはお盆の帰省時、何日かしかお会いしたことがなく、

海外旅行が好きということ以外、彼女の趣味は知らない

彼女も私の趣味や関心はわからないと思っていたけれど、

このようなお年寄り向け?の動画を喜ぶと思われていたことがショック(^o^;)

兄嫁さまがこのような動画が好きだとしたら、

まだ60代でちょっと早いのではないか・・・

私にまでLINEをするということは、

よほど暇か、もしくは寂しいのかしらとも思う・・・

ともかく、親戚付き合いは色々あって悩ましい・・・ ( ´Д`)=3

今日の公園風景

お馬さんはいずこ・・・

完全に冬眠生活に入ったようだ

【古典講読】蜻蛉日記 第23回 初瀬詣で・再び

軽くて雪道でも滑らない靴、お勧めです!


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  
日記・雑談ランキング

読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村

PAGE TOP