夕暮れ時、突然鳴り響くサイレン!/○○の「いでたち」にぎょっとしたが・・・


ランキングに参加しています
いつも応援してくださりありがとうございます(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

一夜干しホッケ、おでん、長芋ときゅうりのポン酢、

ほうれん草と揚げの味噌汁

寒い日はおでんが恋しくなる(^^)

夕暮れ時、突然鳴り響くサイレン!

今日は天候も一段落して、

のどかな午後を過ごしていた

うちの窓から見える公園では、十代と思われる男子4人が、

ジャンプ台を作ってスノーボードを楽しんでいた

鹿観察のために購入した双眼鏡を取り出して観察

これは凄い!遠くにいる男子の表情まではっきり見える

4人は実に楽しそう

うちの孫もあと十数年したら、あそこでスノボーやるかしら。。。

それまで私も元気でいたいものよ・・と源氏物語を読んでいたら、

突如消防車がサイレンの音を轟かせてやってきた

何事か!とベランダに出ると、どうやら公園で何かが起こった模様

救急車も来たので、外に出るとご近所さまも何人か様子を見に出ている

先程のスノボーのメンバーの一人が肩を脱臼して救急車を呼んだとのこと

それなのに、なぜ消防車が来たのかといぶかしげにご近所さまに聞くと、

現場はヤマで状況がわからないので出動したという

その場にいたご近所さまらは「やれやれ」と言った面持ちで立ち去っていった

少し前まで満面の笑みで遊んでいた少年らも、

うなだれて公園を後にした

ジャンプを繰り返し、仲間で競っているうちに大技に挑戦したのかもしれない

前回サイレンが鳴り響いたのは、お隣の奥様がお亡くなりになった時・・・

今回は大事に至らなくて本当に良かった

○○のいでたちにぎょっとしたが・・・

先日、某所で受付をしていた時、

すぐ前の引き戸がスッと開いた

そこに立っていたのは雪だるま。。。。

思わず目を疑った

驚く私の表情に気がついた雪だるまは、

「誰だかわからないでしょ〜〜」と言って、

おもむろにサングラスを外した

そこには、友人しのぶちゃんが立っていた(^o^;)

しのぶちゃんのファッションスタンスは「女優のように」

道行く人の視線を一身に浴びて、

羨望の眼差しの中をひとり漂う

なので、彼女が贔屓にしている老舗百貨店のブランドオーナーも、

「一体それどこに売っているの?」というイッピンを仕入れてくる

今回のメインはなんと言ってもダウンの帽子!

ネットで検索しても見つからなかった

ダウンが入った帽子にうさぎの毛皮のポンポンがついている

しのぶちゃんの御髪はグレイヘアー

それにシルバー色の帽子が一体化して馴染んでいる!

コートも純白のダウンで裾が広がっている

それに茶の小ぶりなバッグを斜めがけ

帰りに靴をチェックしたら、ハーフブーツだった

しのぶちゃんは御年65歳

しかし、こんなに可愛い65歳はなかなかいないと思う

けれども、ドアを開けた瞬間雪だるまに見えたのはなぜだろう・・・

きっと大きなまん丸で真っ黒なサングラスと、

お顔のほとんどを覆っている淡いグレーのマスクのせいではないか

あの日、私は何度もしのぶちゃんの雪だるま姿を思い出して一人ニヤけた

コロナ禍になって人と会わなくなってから、

ファッションを楽しもうという気持ちからどんどん遠ざかり、

実用的なものばかりに目がいっていたけれど、

それに伴って、

人前にでるのがどんどん億劫になっていった

コロナ禍だって、自分の個性を表現して、

楽しい気持ちで過ごしたい

しのぶちゃんは実に自分らしく生きている

人がなんと思おうが構わない

自分の好きな服を好きなように着て楽しんでいる

そんなしのぶちゃんが、なんだかとっても羨ましい

コロナの収束はいつなのか、まだまだ先が見えないけれど、

こんな時こそ年齢に縛られないスタイルでのびのびと過ごそう!と思った

【古典講読】紫式部 日記(18) 女房仲間への批評

【源氏物語通読】 澪標みおつくし


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  
日記・雑談ランキング

読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村

PAGE TOP