生活に困窮するきょうだいとの関わりに悩む


ランキングに参加しています
いつも応援してくださりありがとうございます(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

エビフライと野菜盛り合わせ、切り干し大根の炒め煮(常備菜)、

いちご、豆腐とわかめの味噌汁

今夜は紅茶豚を予定していたけれど、

熱々のエビフライが食べたくなったので変更

千切りキャベツはこちらで簡単

生活に困窮するきょうだいとの関わりに悩む

朝、友人からLINEにメール

今日私と会う予定だったが、

昨夜弟の置かれている状況を聞いたら、

眠られず今朝も顔面が痙攣しているのでベッドで休むことにしたとの連絡だった

弟は若い頃に離婚を経験

その後、人妻と不倫の末に再婚したが、

その妻は非常に浪費家で、

公務員の弟の収入も全て自分が管理

弟は数年前に退職したが、その退職金もすべて使い果たし、

貯金も無く、今回離婚することになったという

弟はカネの管理は妻に任せるタイプで、

前妻と離婚するときも裸一貫になり、

寝具の果てまで前妻に持っていかれた

今回も、カネの切れ目が縁の切れ目となり、

気がついた時には持病を抱え通院するカネさえ無い状態

親が生きていた時はこの弟が問題を起こすたびに、

親が借金を肩代わりしたりしていた

姉である友人はそんな弟とこれ以上関わりたくないことを、

はっきりと弟に告げたはいいが、

今度は、そのことで自分の心が苦しくなったという

もし、自分に経済的な余裕が全く無く、

助けたくても助けられない状態なら、

カネの相談に来られても「ごめんなさい、うちも困ってるの」で済むだろう

問題は自分は経済的に恵まれていた場合だ

人を助けるということは、本当に難しい

いっとき助けてそれで身を立て直すことが出来れば、

助けた甲斐もあるというものだが、

中には「あなたは恵まれているのに、

どうしてこれしかしてくれないの!」と不満を持つひともいる

人を助けても、それに対して感謝もされない時もある

人によって様々だ

なので人を助ける時は見返りも求めず、

自分も同じところまで下りて行って、

一緒に這い上がるくらいの気持ちがなければ難しい

きょうだいではなかったが、

私も若い時同情心だけで他人を助けて、

その後自分が身体を壊すくらい辛い思いをしたことがある

以来、困っている人の相談を聞く時は、

人情に流されないで、

自分に出来ることをしっかりとわきまえて聞くことにしている

私が知りうる限り、

おカネを貸すだけで解決したケースはない

友人の中には「そんなに持っているのになぜ貸さないのだ」

と逆に恨まれた人もいた

先の友人も今まで弟に関して色々と配慮して、

生活を立て直すためにアドバイスしてきた

しかし、それも全く効き目がなく、

もうさじを投げた状態だ

こんな弟と金輪際関係を絶ちたいが、

自分は恵まれた生活をしているだけに、

良心が苦しくなるのだ

ここで別の友人Mさんのケースを思う

Mさんの姉も生活困窮者となり、

経済的な相談を受けた

Mさんは姉に生協の宅配に加入してもらい、

そこでの支払いは自分が払うことにした

姉が食べる分だけは援助するという方法だ

友人同士集まると、

経済的に恵まれている友人ほど、

きょうだいから経済的な相談を受けて悩んでいる

一体どのように支援したら、きょうだいが自立した生活ができるのか

幼い時は同じかまどの飯を食べて一つ屋根の下で育っただけに、

大人になって大きな格差ができると、

恨んだり恨まれたりと他人以上にメンドウだ

弟の問題で体調を崩した友人が心配だ

今回の問題は、弟の結婚生活に関する問題が発端なのだから、

弟夫婦でしっかり今後の話し合いをするのが先だろう

弟が自分の人生に向き合わない限り、

問題はなにも解決しない

友人も今までよく弟の相談に乗っていたと思う

もう姉として十分弟のために尽くした

冷たいようだが、今回は突き放すことが弟のためと感じる

私にも同じような問題を抱えた姉がいるだけに、

友人の話を聞いて心に重いものを感じた

【古典講読】和泉式部 日記 13 【 宮廷入りの前夜 】

紫式部 日記(19)【 斎院と中宮(その1) 】

紫式部 日記(20)【 斎院と中宮(その 2) 】


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  
日記・雑談ランキング

読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村

PAGE TOP