親友からの悲しい知らせ

昨日の夕ごはん

豚肉の生姜焼き、野菜炒め、プチトマト
高野豆腐の含め煮
たらこ、キムチ、生姜の甘酢
じゃがいもとわかめの味噌汁
六穀米入りご飯

冷蔵庫の野菜の種類が少なくなってきた
次の買い物日の日曜日までなんとか工夫して過ごそう

しばらく会わなかった私の親友からのLINE

この秋以降、週に一回は必ず顔を見ていた私の親友の顔をなかなか見れなくなった

15歳の愛犬の介護で家族がなるべく家にいるよう決めたので、

親友が家で留守番をすることが多くなったこともあるが、

その親友も今年になってから体調を崩すことが多くなり、

一日の外出を一回に制限するようになったからである

70代半ばになる親友

その親友が先日の集まりにも欠席した

あとからLINEが来て驚いた

愛犬がその日の明け方亡くなったという、、、、

私もこの犬が親友の家に来た時から一緒に遊んだり、散歩に行ったりしたので、

とても悲しい

この犬はご主人が飼っていたが、そのうち長女が溺愛するようになった

親友はもともと動物があまり好きではない

なので子犬の時粗相をすると、とても嫌がってご主人に後始末をさせていたが、

家に泥棒が入ってからこの犬を頼りにするようになった

とても人が好きな犬なので、全く攻撃性はなく、

嬉しくて吠えるだけであったが、、、、

そんなわけで親友も最初はその犬を疎ましく思っていたが、

次第に情愛がわいてきて犬の晩年は可愛がる姿が微笑ましかった

うちの猫も16歳と高齢なので、ペットの亡骸をどうするのかと思っていたら、

親友から愛犬の遺体を剥製にして骨はダイヤモンドにすると連絡があった

それをアクセサリーにして身につけるという

親友宅はとても裕福なので庭に墓を建てるのでは、、、と思っていたが、

生きていたままの姿を見ていたいのだろう

親友も自分が亡くなったら骨をダイヤモンドにすると言っていたのを思い出した

そんな技術があることを知らなかった私はとても驚いたが、

ダイヤモンドにしたものを家族が身につけることにも感心した

親友のご主人も高齢なのでこの愛犬は人生最後に飼う犬と覚悟して飼っていた

なので、この犬に対する思い入れも深いのだろう

私の飼っている猫が亡くなったら、

市の動物管理センターで火葬してもらおうと思っている

遺骨を手元に遺してもいづれ私たちもこの世を去る時が来るのだし、

私たち夫婦も共同墓地に入る予定だ

愛猫との別れは寂しいが、命あるものはいつか別れがくる

だからこそ今愛情をたっぷり注ぎ、命をいつくしみたい

愛情を捧げたペットに対するお別れの仕方もそれぞれだが、

いのちの重さに変わりはない

親友の愛犬にお別れはできなかったが、

ダイヤモンドが出来上がったら、見せてもらおう

そして、楽しい思い出をありがとうと指で触れてみよう

愛犬を亡くして悲しんでいる親友の家族の心が慰められるよう、

心から祈りを捧げる

とても愛嬌があってやんちゃだった犬
天国でまた遊ぼうね



下のバナーにポチッのクリックをいただけると、とても嬉しいです

ご訪問と温かな応援、本当にありがとうございます

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


↓ブログ村の読者登録もご利用ください

夕ごと日記Ⅱ - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です