私を「山に捨てる」と言った夫であったが・・・


ランキングに参加しています
応援してくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

昨日の夕ごはん

鶏の唐揚げとポテトサラダ、茄子とピーマンの味噌炒め、

豆腐とほうれん草と揚げの味噌汁、ホタテの炊き込みご飯

夫が登山から無事帰宅したので、

スタミナ御膳にした(笑)

夫、山に登ったが・・・

1週間ほど前、夫は友人から登山に誘われた

この友人は、

暇さえあれば近場の山でトレーニングしている

その彼が言っていた

ある時、いつも登っている山で彼をものすごい勢いで越した男性がいた

頂上で話すと元オリンピック選手だったという

また、別の山では某コンサートホールの外国人専属オルガンストとも会ったという

そんな話しを聞くと、

私も山に出かけて普段会えないような人に会いたいと思う

そういえば、夫と交際を始めた40年前、

大学の山スキー部に在籍していた夫に、

病弱だった私が「山の頂上に行ってみたい」と言ったことがあった

すると夫は、

「それならぼくが、お雪ちゃんを背負子に背負って登ってあげる」

と言ってくれた

それを思い出し、今でも私を背負って登ることができるかと聞いてみると、、、、

と言った

ひどすぎる、、、

楢山節考の映画での坂本スミ子さんや田中絹代さんの姿を思い出した

姥捨て山に向かうのは70歳になった年とある

今の70歳の女性を見ると、

私が子どもだった頃より皆さん10歳は若くみえる

私も年齢マイナス10歳の50歳と思いたい

さて、登山を予定していた昨日

雲ひとつ無い青空が広がった

夫は愛妻弁当を背負って山へと向かった

一緒に登った友人の奥様から、

登山アプリYAMAPを使ってリアルタイムで所在地の連絡が入る

すごい時代になったものだと感心

登山隊の一行は予定時間に下山

夫は午後三時前に帰宅したが、

四時半ころ部屋が静かなので見ると、

なんとベッドで寝ていた!Σ(゚Д゚)°

前回登ったのは20年以上前

60代の身にはさすがに堪えたようだ

夫も年を取ったのだとしみじみ感じた

しかし、これで夫が私を背負ってあの山に捨てることは不可能となった ε-(´∀`*)ホッ

夜になって、一緒に登った友人から山頂で撮った写真が転送されてきた

なんと広大な景色!

70代とおぼしき女性も何人も登っていたという

今度は私も一緒に山に登ることができるよう、

体力をつけよう!


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP