暴風雨で引きこもり、息子の居住地の賃貸情報を調べてみた

今日の昼ごはんと夕ごはん

昼ごはん

なめ茸パスタ、ピーマンの肉詰め、紫玉ねぎのマリネ

ひとりごはん

瓶に入ったなめ茸とバター、にんにくで炒めてみた

一人のときはスキレットのまま食べる(^^ゞ

夕ごはん

ほっけの一夜干し、ひじきの煮物、しらす入り卵焼き、

アボガドとトマト、玉ねぎと揚げの味噌汁、ご飯

今日は家にこもっていたので、お腹も減らず

ほっけは明日の夫のお弁当にした

悪天候でこもる一日、将来を考えた

今日は朝から暴風雨

庭を見ると、

支柱を立てようと思っていたトマトの苗2本が両方とも根こそぎちぎれていた(T_T)

夫は午前中リモートワークだったが、その後車で出勤

家にこもって外を見ながら、将来について考えた

先日ブログに、

もし、将来息子が当地に戻らず、現在勤務している土地のニンゲンとなったら、

私たち夫婦も彼の地に移住することを検討すると記した

そこで、息子の居住地辺りの賃貸住宅の相場を調べた

マンションに住むのか戸建てに住むのか

戸建てなら2階建てか平屋か

マンションなら専有面積はどの程度か

駅チカに住むのか住宅地に住むのか、、、

現在、私のシゴトバは街の中心の商業施設が多い地区で家は住宅街である

シゴトバ近辺は大病院やスーパー、デパート、コンサート会場もあり便利だが、

交通量も多く人も多いので生活するには落ち着かない

家の辺りは森も近くとても静かだが、近所に店はない

理想をいえば郊外の自然豊かな戸建てに住みたいが、

これから車の運転もできなくなり、足腰も弱ることを考えると、

病院やスーパーが近いほうがなにかと心強い

ここまで考えて、

これから引っ越しを考えるとなると、

車がなくても生活できる地域に限定されるということを悟った

私は結婚してから今まで6回引っ越しをしたが、

次に住む土地は、車を運転しないことを前提に検討することになるだろう

80歳くらいまで運転する人がいるけれど、

70歳で引っ越すとして、

土地勘もないところで老人が車を運転するのは危険だ

街ナカの便利なところが好きな人なら悩まないだろうが、

私も夫も自然豊かなところが好き

大きな公園が近くにある利便性の良いマンションとなると、

当然お家賃は高くなるだろう

家賃の予算は限られているので、

専有面積が狭くなるか、専有面積を優先するなら、

築年数が古くなることを覚悟しなければならない

息子の住む土地の不動産情報を調べたが、

実際住んだことがないのでイメージがわかない

もし本当に引っ越すことになったら、

お嫁さんや息子に地域の雰囲気など相談に乗ってもらうことになろう

夫には70歳まで現在の仕事を続けてもらいたいと願っているので、

引っ越しはそれ以降となるだろう

八年後を想定したが、

引っ越すとなると、

現役の時と違いいくつもの制約の中で決めていかねばならなくなる

新たな環境で生活することを考えると、

やはり70歳という年齢が決断の節目になると思う

息子にプレッシャーをかけたくないので、

現時点で私たちの転居の可能性のことは言わないが、

将来の息子の住む地によっては、

私たちの生活も大きく変わることを覚悟

私の友人の間でも老後の住み替えが始まっているけれど、

家を処分して新たな住まいを探すことは、人生最後の大仕事になるだろう( ´Д`)=3


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ  


ブログ村の読者登録もご利用ください♡ 夕ごと日記 - にほんブログ村