苦手だった奥様の訃報を聞いた


ランキングに参加しています
応援してくださると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日の夕ごはん

ポークチャップ、ツナときゅうりのサラダ、じゃがいもの煮物、

ズッキーニとモロッコいんげんの味噌汁、ぶどう、ご飯

友人の庭で採れたぶどうを頂いた

甘くてとても美味しかった

苦手だった奥様の訃報を聞いた

今日友人を通して、

私が苦手だった奥様が91歳の生涯を終えられていたことを聞いた

奥様と知り合ったのは、今から15年ほど前だったと思うので、

当時奥様は70代の半ばだったと思う

寒い季節だったと思うが、

私は帰宅途中、

たまたま同じ方角だった奥様を家まで送った

住所を聞いて家の前まで行こうとしたら、

大きな通りで「ここで降ります」と車を止めた

家の前まで行きますと申し出たが、

奥様はここで良いというのでそこでお別れした

以来、奥様を送る時は必ずその大きな通りでお別れするようになったので、

奥様の家はてっきりその通りに面していると思っていたが、

だいぶ経って奥様のご主人が亡くなった時、

友人が奥様の家の住所をたよりに訪ねると、

そこには古い木造2階建てのアパートが建っていて、

そこの一階の郵便受けに奥様の名字を見つけた

ベルを鳴らすと人の気配はするのに応答なし

後で訪問したことを告げると、とても嫌な顔をされたという

ご主人が亡くなる一年ほど前に、

奥様が突然私の仕事場を訪ねてきたことがあった

せっかく訪ねて来てくれたので、

私は中へお通しした

奥様は「今日は貴女に会えてほんとうに良かったわ

わたくし、お話したいことがたくさんあるのよ」と言った

奥様の話し方はとても丁寧で上品だった

お茶をお出しして間もなく、堰を切ったようにご自分のことをお話になった

「わたくしのこのイヤリング、素敵でしょ

ミツコシで買ったのよ

わたくしはミツコシ以外ではお買い物をしないのよ

お肉もねミツコシのお肉屋さんでしか買わないの」

「うちの主人はね、

いつも休みになると知事さんお抱えの運転手が迎えにくるの

ゴルフに行くのは、ほんとうは嫌なんだけどね、

お付き合いだから仕方がないって言ってるの」

「うちはお庭は広いから手入れが大変なの

庭師に頼むこともできるけど、

わたくしは運動だと思ってやっているの」

奥様はこのようなたぐいの話を延々と二時間余りお話になり帰っていった

私は黙って聞きながら、

この人は一体どうして今こんな話をしているのかと考えた

たまたま私はその日時間の余裕があったので、

奥様にお付き合いしたが、

その疲れからか、

翌日から二日間ひどい頭痛で寝込んでしまった

次にお会いした時、

奥様が突然訪問したことを詫びたので少し安心したが、

トラウマからかそれ以後奥様の顔を見ると、

こめかみがズキズキと痛みだし、

奥様を家まで送ることもパスするようになった

それだけに、その後友人から奥様の実生活のあれこれを聞く機会があったとき、

奥様との話のギャップに驚き、

人の心の歪んだ一面を見た気持ちになり、

気持ちが重くなった

なぜあの時わざわざ私に会いに来てあんな話をしたのだろう

あの時、なにか落ち込むことがあって、

私の前で束の間の優越感に浸りたかったのだろうか

金銭的に本当に豊かな生活をしている人の前では、

あんな話しをしてもなんの自慢にもならないから・・・

奥様は91歳で亡くなったと聞いて、

あの時年齢も実年齢より10歳ほど若く言っていたことを知った

やはりそうかと思った

会う機会がなくなって五年ほどになるが、

奥様はその後認知症になり、介護施設で亡くなったと聞いた

施設でも色々とトラブルになり、施設を転々としたという

あれほど激しい虚言癖の人は他に知らない

うそを言えば言うほど自分が辛くなる

そしてますます本当のことを言えなくなり、苦しかったと思う

奥様は認知症になってほんとうに偽りの世界の人となり、

この世とお別れしたと思いたい

そうでなければ、切なすぎる

今日も亡くなった人の知らせを聞いて、

昔のことを思い出した

苦手な奥様も今となっては過去の人

奥様を通して人の心の哀しさを学んだ

ご冥福をお祈りする

今日青空八百屋さんで一山110円で買った見切り野菜

安く買った自慢ならいくらでもできる(^o^;


ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  


読者登録もご利用ください♡ 更新のお知らせが届きます

夕ごと日記 - にほんブログ村


PAGE TOP