お隣の奥様に関する夫の見解/こどもの日、今年初めての来客

今日の昼ごはんと夕ごはん

昼ごはん

三色丼、白菜ときくらげの甘酢炒め、豆腐とわかめの味噌汁

夕ごはん

紅鮭、ほうれん草とえのき茸の煮浸し、茶碗蒸し、

さつまいもの具だくさん汁、ご飯

初めて入ったスーパーで購入した一切れ70円ほどのロシア産紅鮭

一切れ110円の紅鮭より美味しかった!

後で調べたら海産物が売りのスーパーだった

うちから遠いけれど、いつかまた行きたい

こどもの日、今年初めて我が家に来客

今日は午前中、

友人の息子さん(高校生)が夫の不要になった自転車グッズを見るため、

わざわざ自転車で我が家を訪問

コロナ禍でなかったら、室内にお招きしたかったが、

このようなご時世なので一階の車庫で歓談

小一時間ほど、

同じ趣味の者同士、世代を超えた交わりの時を持った

これは彼が3本ローラーで初めてトレーニングしているところ

バランスを取るのが難しいが、

夫に支えてもらってなんとか1分ほどこいでいた

夫は冬場これで一時間ほどトレーニングして筋力維持に励んでいる

夫の滴る汗が落ちてローラーが錆びついているのが見える

この後、夫のロードバイクを乗ってみたり、

彼の自転車のメンテナンスをしたりした

考えてみたら彼は今年初めてのゲスト

私も夫もこの若いゲストの訪問を受けて、

とても張り切って楽しい時間を過ごした

こんな孫がいたらさぞかし楽しかっただろう

素直で可愛い男子だった

お隣の奥様に関する夫の見解

昨日のお隣の奥様の様子を夫に話した

やはり、何となく以前会った時と違う

まず、気になったのが服装

セータを着ていたが、ブラジャーをしていない、、、

あとは表情と受け答え

質問はするけれど、聞きっぱなしという感じ

昨日は私も農作業ということでマスクなしで作業していたが、

奥様もマスクをしないで歩いていた

近づいてきたので私は「マスクをしていないのですみません」と断ったが、

お構いなしに側に来た

なのでコロナのことを話題にしたが、反応なし

ふと「コロナ」の意味がわかっていないのかと思った

その後のスマホを渡して写真を撮るようにという依頼も違和感がある

そして最後にバッグからおもむろにジュースを取り出して私にくれたのだが、、、、

夫は認知症が始まっているのではないかと言っていた

もし、そうだとすると、

これからまた何かあるかもしれないので、

心の準備をしておこうと思う

今回の奥様の家の北隣の奥様も、ご主人が亡くなってから急激に弱り、

70代半ばで認知症を患って施設に入居、現在は空き家となっている

この家を建てた四半世紀前は、皆さんまだ50代で、

来客も多くいつもにぎやかだった

25年という歳月の長さをこんなことからも身を持って感じる

コロナで家族以外の人と直接話をする機会がなかなか取れないので、

私も自分自身のことが心配だ

私の家は自然豊かで静かなところが気に入っていたけれど、

もし、夫がいなくなったら寂しくて一人ではとても住めない

もっと気軽に出かけられる街ナカで、

友人らとも会いやすい場所に引っ越したいと思う

そうなると、住まいも狭くなるので、

これ以上モノを増やさないようにして、

家のメンテも自分たちで頑張ろう

ほんとうに、息子一家も遠く離れて暮らしているので、

夫にもしものことがあったら、非常に心細い

せいぜい夫には元気でいてもらわなければ、、、

ご近所の奥様の様子を見て、私自身の将来のことも考えさせられた


最後までお読みいただき、ありがとうございます

お手数をおかけしますが、お好きなバナーをクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ  


ブログ村の読者登録もご利用ください♡ 夕ごと日記 - にほんブログ村